定年バックパッカー海外放浪記

2016年10月30日

»著者プロフィール
閉じる

高野凌 (たかの りょう)

定年バックパッカー

1953年生まれの62歳。横浜生まれ、神奈川県出身。大学卒業後は商社、メーカー勤務を経て2013年定年退職。2014年春から海外放浪生活を始める。放浪歴は地中海、韓国、インドシナ半島、インドネシア、サンチアゴ巡礼など。サラリーマン時代は主として海外業務に従事。ニューヨーク、テヘラン、北京にて海外駐在を経験。身長170センチ、57キロ。獅子座。A型。現在2人のご子息は独立し、夫人との2人暮らし。孫1人。

サンフランシスコに留学中のソウル出身のアリスとオジサン。後ろでは巡礼者たちが巡礼宿の中庭で思い思いに休息している

 アリスはソウルの大学生で自宅もソウル市近郊。一年前に就職試験を受けたが希望していた企業は全滅。彼女の父親は中小企業経営者であり米国で修士号を取得すれば韓国企業への就職に有利と判断してアリスを留学させることにしたという。修士修了後の2年後であれば多少なりとも韓国経済も回復して企業の新卒求人数も増えるであろうという希望的観測もあった。

 このような理由で海外留学するケースはアリス以外の何人かの韓国人からも聞いていた。彼らの話を要約すると韓国社会では高学歴や特別なコネがなければ有名企業に就職できないという閉塞的状況がある。そのため学歴をかさ上げするため米国等に留学するのだという。さらに、やる気のある学生なら無理して韓国企業に就職するよりも、米国・カナダ・豪州に留学してその国で就職したほうが自由で豊かな人生が送れるという認識が韓国社会では広く浸透しているという。

 アリスと話していて彼女が自分の意志で留学したのではなく父親の見栄のために米国留学したという印象を受けた。彼女自身自分が将来何をしたいのか具体的希望がないようであった。「自分では本当は何を希望している?」と敢えて聞くと、かなり間をおいてから「マザー・テレサのように貧しい人たちを救う仕事をしたい」と迷いながら言った。「大学院では具体的に貧民救済につながるような勉強をするの?」と更に聞くと、「よくわからない」と頼りにならない回答。

 韓国社会の閉塞感と家族の期待のはざまでアリスは出口を探して彷徨っているようだった。

関連記事

新着記事

»もっと見る