BBC News

2016年10月7日

»著者プロフィール

ノルウェーのノーベル賞委員会は7日午前11時(日本時間同日午後6時)、2016年のノーベル平和賞を、コロンビアのフアン・マヌエル・サントス大統領に授与すると発表した。左翼ゲリラ・コロンビア革命軍(FARC)と4年間交渉を重ねた末、今年6月に停戦合意に達し、50年余りの内戦を終わらせたことを評価した。

ノーベル賞委員会のカーシ・クルマン・フィーベ委員長は、「ノルウェー・ノーベル賞委員会は、2016年ノーベル平和賞をコロンビアのフアン・マヌエル・サントス大統領に授与すると決定した。50年以上にわたる内戦を終わらせるための、決然とした努力を評価する」と説明した。

委員長はさらに、「この賞はコロンビア国民を称えるものでもある」と付け加えた。

和平協定に署名したFARCのロンドニョ司令官(愛称・ティモシェンコ)は、授賞に含まれていない。

一方でアルバロ・ウリベ前大統領を筆頭に、停戦合意に反対する人たちは、FARCメンバーが人質の拉致や殺人への責任を問われずに、議会に議席を得ることに反発し、FARCに譲歩し過ぎだと批判を重ねてきた。このため、2日に行われた停戦合意をめぐる国民投票では、反対票が50.24%と多数を占めた。

この結果を受けてサントス大統領は、FARCとの交渉を続けると約束し、政府代表はすでにFARC幹部との交渉再開のためキューバの首都ハバナに戻っている。

52年におよんだ内戦では、推定26万人が死亡し、600万人以上が住む場所を追われた。

平和賞には個人228人と148団体が候補に挙がっていた。

(英語記事 Nobel Peace Prize for Colombia's Juan Manuel Santos

提供元:http://www.bbc.com/japanese/37585640

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る