前向き女性になれる やわらかライフ&やわらかマネー

2016年11月5日

»著者プロフィール
閉じる

加藤梨里 (かとう・りり)

ファイナンシャルプランナー

慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科特任助教。2011年3月慶應義塾大学大学院修了。保険会社、信託銀行を経て、ファイナンシャルプランナー会社にてマネーのご相談、セミナー講師などを経験。2014年に独立し「マネーステップオフィス」を設立。専門は保険、ライフプラン、節約、資産運用など。大学では健康増進について研究活動を行っており、認知症予防、介護予防の観点からのライフプランの考え方、健康管理を兼ねた家計管理、健康経営に関わるコンサルティングも行っている。

自分のためにお金を使う豊かさを楽しんでよい

 この話を通してお伝えしたいのは、シングルでいる方が幸せか、結婚している方が幸せか、という議論ではありません。シングルにはシングルの幸せがあり、苦労があります。結婚していても、それゆえの幸せがあり、また苦労も伴います。

 大切なことは、どんなライフステージにも、その時にしか経験できない豊かさがあるということです。ですから、いま、人生を憂いてお金の心配ばかりしている人は、ぜひ一度立ち止まってみてください。お金のことを真剣に考えるのは、とても素晴らしいことです。それを認めたうえで、今の自分のためにお金を使う権利をもっと大事にしてもよいのではないでしょうか。

 働く独身女性には、今を我慢してお金を貯めてばかりいたり、そのためにやりたいことを我慢していたりする人もいます。とても賢くて、計画的で、頼もしいなと感じる一方で、お金を存分に使えずにもったいないなとも思います。若くて元気で、比較的お金にゆとりもあって、自分のしたいことをしたいときにできるチャンスは、今しかないからです。自分が望むこと、やりたいことに正面から向き合い、それを実行する経験も人生では貴重です。そんな贅沢を十分に楽しんでこそ、その後、劇的に変化するであろうライフステージを乗り越えていくエネルギーを養えるのではないでしょうか。

 そして、もし自分が独身の時にそれを知っていたならば、「漠然とした不安」をあれほど憂うこともなかったのに、とも思います。自分のためにたっぷり使える時間とお金の豊かさを知っていたら、独身生活をもっと前向きに捉えられたろうにと思えてなりません。

 多くの女性にとって、結婚は大きなテーマです。そこに不安がないかといえばおそらく嘘です。でも、漠然とした不安を抱えた自分や、見通しのつかない将来を必要以上にネガティブに捉えることもありません。おひとりさまの身軽さを逆手に取って楽しんでやる! と思えば、きっと心が軽くなるはずです。

(企画・編集協力SAKU)

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る