今月の旅指南

2016年10月21日

»著者プロフィール
閉じる

狩野直美 (かのう・なおみ)

東京生まれ。フリーライター。旅行業界誌の記者・編集者を経て、1994年からフリーランスに。主に海外旅行関連誌、ウェブマガジン等に記事を執筆中。

 盆踊りの定番ソングとしても馴染み深い炭坑節。その発祥の地、福岡県田川市で、毎年11月に「TAGAWAコールマイン・フェスティバル~炭坑節まつり~」が催される。会場は旧三井田川鉱業所跡地に整備された石炭記念公園で、伊田竪坑櫓(いたたてこうやぐら)や二本煙突など、往時の施設が今も残されている。

2日目にはハイライトの総踊りが催される

 「炭坑節まつりは、過酷な炭坑労働とともに培われてきた田川の歴史と文化を後世に伝えるとともに、『炭坑節発祥の地・田川』をアピールする目的で、平成18年(2006)に始まりました。第10回の昨年は10万人が来場、大いに賑わいました」と、田川市たがわ魅力向上課の河端詩央里(かわばたしおり)さん。

 祭りでは、キャンドルナイト、レーザーショーと花火、伝統芸能など各種行事が繰り広げられる。そしてハイライトは炭坑節の総踊り。約1万人の参加者が、幾重もの踊りの輪を作りながら心を一つにして踊るさまは圧巻。総踊りは飛び入り参加も大歓迎だそうだ。

 炭坑節の歌詞は各地で異なるが、ここで使われるのは田川地方で唄い継がれてきた「正調炭坑節」で、出だしは「香春岳(かわらだけ)から~見下ろせば~伊田の竪坑が~真正面~」。まさに歌詞に唄われた風景が目の前に広がる会場で、本場の炭坑節を体験してみたい。

●第11回TAGAWAコールマイン・フェスティバル~炭坑節まつり~
 <開催日>2016年11月5日~6日
 <開催場所>福岡県田川市・石炭記念公園(日田彦山線田川伊田駅下車)
 <問>田川市たがわ魅力向上課 ☎0947(44)2000(内線317)
  URL:http://www.joho.tagawa.fukuoka.jp/
     http://www.joho.tagawa.fukuoka.jp/tankoubushi/page_139.html?pg=1

 *情報は2016年9月現在のものです。料金・時間・休館日などの詳細は、お出かけの際、現地にお確かめください

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

◆「ひととき」2016年11月号より

 

 

 

 

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る