オトナの教養 週末の一冊

2016年10月20日

»著者プロフィール
著者
閉じる

本多カツヒロ (ほんだ・かつひろ)

ライター

1977年横浜生まれ。2009年よりフリーランスライターとして活動。政治、経済から社会問題まで幅広くカバーし、主に研究者や学者などのインタビュー記事を執筆。現在、日刊サイゾーなどに執筆中。ブログ:http://golazo-sala.cocolog-nifty.com/pinga/

――でも、コピー携帯自体も中国製なんですよね?

小川:殆どそうです。中国のブランド企業からすると、コピー携帯の販売業者は商売敵でもあるし、中国ブランドのイメージを下げるものでもあります。そのため中国の企業が、中国からコピー携帯を仕入れ、タンザニアで販売しているタンザニア人や中国人を取り締まっているんですね。

――面白い構図ですね。コピー携帯は中国以外のルートからも流入しているのでしょうか?

小川:ケニアの卸売市場へ買い付けに行くと「君はクオリティが欲しいか? それとも値段を取るか?」と聞かれるそうです。そこで「値段」と答えるとコピー製品を売られると聞いたことがあります。そのコピー製品の部品というのは、元々中国からスペア部品として入ってきて、それをケニアで1台の携帯電話に組み立てているそうです。

――携帯電話の他にも服などコピー製品は多く出回っているんですか?

小川:アディダスなどのスポーツブランドが多いですが、日本で流行しているブランドの商標コピー製品もたくさん流通しています。今はテレビやインターネットが普及し、欧米のミュージックビデオを誰でも見ることが出来ますから、タンザニアの人びとのファッションもグローバルな流行と連動していますし、ファストファッションブランドを多く生産している中国製品は、似たようなデザインが多いため、そこからも流行を知ることが出来ます。

 ただ、タンザニア国内では局所的な流行が起こることも多いですよ。2014年ぐらいの時には中国製の巨大な造花の髪飾りをつけたりするのが女の子たちの間で流行っていました。頭から色とりどりの花が咲いているようにみえるくらい巨大なのですが、くっきりした顔立ちの彼女たちにはよく似合っていました。

――もちろんタンザニアの人達にとって携帯や洋服ブランドの正規品が高額だという事情もあるとは思いますが、他にも彼らがコピー製品を購入する理由はあるのでしょうか?

小川:たしかにコピー製品について聞くと、みな口をそろえて「すぐ壊れる」「品質が悪い」と散々な悪口を言い、中には「コピー製品なんて世界からなくなればいい」と憤る人もいますが、いざ買い物へ行って正規品とコピー製品が並んでいるとコピー製品を買うことも多いのです。

 その理由はさまざまありますが、一つには先にも話したように地道にお金を貯めれば正規品を買えますが、収入は不安定だし、3カ月先に職がないかもしれないという暮らしをしている人びとには、今あるお金で買えることのほうが大事なのです。

 また、彼らにとって行きなれた商店で良いものを選んだ結果がコピー製品だったというだけで、決して正規品の代換えとして購入したものではないんです。

関連記事

新着記事

»もっと見る