BBC News

2016年10月17日

アフリカのナイジェリア北東部を拠点とする過激派組織「ボコ・ハラム」に拉致された女子生徒276人のうち、解放された21人が16日、首都アブジャで家族と再会した。どのような交渉が行われたかは明らかにされていないが、政府関係者は残る少女たちの解放に向けて交渉していると話した。

13日に解放された少女たちは、アブジャで開かれたキリスト教の儀式で家族と再会した。少女のひとりは、食べ物がない状態が40日間続いたと話した。

「林の中にいたとき、飛行機が私の近くに爆弾を落としたけれども、けがはしなかった。1カ月と10日間、食べるものがなかったけれど、死ななかった。神様に感謝します」と少女は話した。

別の少女は「この日が来るとは思ってもみなかったけれど、神様に助けてもらって、奴隷状態から逃れられた」と話した。

拉致された女子生徒の多くはキリスト教徒だったが、拘束されている間にイスラム教に強制的に改宗させられていた。

娘と再会した親のひとりは「神様に感謝している。娘にまた会えるとは思っていなかったのに、今ここにいる。(中略) まだ向こうにいる子たちは、神様が両親のもとに連れ戻してくれますように」と話した。

2014年4月に拉致された女子生徒のうち、まだ197人が行方不明。

ナイジェリア政府は、女子生徒たちの釈放と交換に、捕虜にしていたボコ・ハラム戦闘員たちを釈放したという報道については、否定している。しかし治安当局筋はBBCに対して、司令官4人を釈放したと話した。

加えてAP通信は、ナイジェリア政府の代理でスイス政府が数百万ドル相当の「高額な身代金」を支払ったと伝えた。

ナイジェリアのモハメド情報相は16日、今回の21人解放は残る全員解放に向けた「最初の一歩」で、「すでに第2段階に入っており、話し合いを行っている」と報道陣に話した。

「とはいえもちろん、お分かりのように非常にデリケートな交渉だ。交渉全体の秘密保持についていくつか相手に約束をしており、約束は守るつもりだ」

拉致された少女の一部は、さらわれた直後に、トラックから飛び降りて近くの茂みに隠れるなどして自力で脱出。合計219人が連れ去られた。中には拘束生活のなかで死亡した少女もいるとみられる。

さらに、ボコ・ハラム戦闘員と結婚させられ2年以上たつ少女の中には、帰宅を望まない少女も一部いると伝えられている。

(英語記事 Chibok girls: Freed students reunite with families in Nigeria

提供元:http://www.bbc.com/japanese/37675577

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る