書籍詳細

榛地和装本 終篇
藤田三男 著

目次
立ち読み


著者は河出書房新社に入社し、辣腕編集者・坂本一亀(ミュージシャン坂本龍一の父君)のもとで文芸書の編集者としての道を歩み始める。編集とともに「榛地和(しんち・かず)」の名で手がけた装本(ブックデザイン)は、三島由紀夫『英霊の聲』『サド侯爵夫人』『朱雀家の滅亡』、河野多恵子『男友達』、山崎正和『鴎外 闘う家長』、吉田健一『金沢』、丸谷才一『彼方へ』、江藤淳『成熟と喪失』・・・と、昭和の文学史に残る傑作が目白押しだ。
本書は12年前に刊行されて評判を呼んだ『榛地和装本』の続篇にあたる。本書でも、高橋英夫『ドイツを読む愉しみ』、小田切秀雄『中野重治』、野口武彦『江戸のヨブ』、川西政明『武田泰淳伝』、浅見淵『新編燈火頬杖』等々、装丁を手がけた本のカラー写真とともに、三島由紀夫、和田芳惠、山本健吉、浅見淵ら名だたる小説家、評論家の知られざるエピソードを綴る。とりわけ今年没後40年を迎える三島由紀夫の、自決1週間前の「暗い疲れた表情」をとらえた一文など、印象深い。

<書籍データ>
◇A5判上製、184頁 
◇定価:本体1,800円+税
◇2010年3月23日発売
◇ISBN: 978-4-86310-069-5

<著者プロフィール>
藤田三男(ふじた・みつお)
1938年東京生まれ。早稲田大学文学部国文専修卒業。61年、河出書房新社入社。取締役編集部長を勤め、79年、退社。同年、木挽社を設立し、「新潮日本文学アルバム」「新潮古典文学アルバム」(全100巻・新潮社)、「群像 日本の作家」シリーズ(小学館)などを、そして、ゆまに書房編集部顧問として「編年体大正文学全集」「文藝時評大系」「コレクション・モダン都市文化」などの全集・文藝書の企画・編集に携わる。また「榛地和」の筆名で装本家としても知られ、三島由紀夫『英霊の聲』、吉田健一『金沢』、山崎正和『鴎外 闘う家長』(ともに河出書房新社)ほか多数の装本がある。著書に『榛地和装本』(河出書房新社)、『写真集 三島由紀夫’25~’70』(三島瑤子との共著、新潮文庫)、『活字の歴史と技術』(加藤美方、森啓との共著、樹立社)などがある。

 

榛地和装本 終篇

※下記のサイトでこの本を購入することができます。

Wedge最新号のご案内
2017年11月号

2017年11月号(10月20日発売)

特集
「大量離農時代」の切り札 スマート農業

»詳細を見る

ひととき最新号のご案内
2017年11月号

2017年11月号

特集
よみがえれ、湖国の恵み

»詳細を見る

WEDGEInfinity へ
「ウェッジの書籍」の内容は、WEBマガジン「WEDGEInfinity」にて一部を読むことができます。