BBC News

2016年10月26日

米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏は25日、民主党候補ヒラリー・クリントン氏の外交政策ではシリアで第3次世界大戦が始まりかねないと述べた。フロリダ州マイアミに自ら所有するゴルフ・リゾートで、ロイター通信に話した。

クリントン氏は、シリア上空に飛行禁止空域の設定を提案しているが、これはアサド政権を支援するロシア軍機の飛行を妨げることになるという指摘もある。トランプ氏は、このクリントン案やオバマ政権のシリア政策を批判し、アサド大統領の退陣を促すより、過激派勢力のいわゆる「イスラム国」(IS)打倒に専念すべきだと述べた。

「ヒラリー・クリントンの言うことを聞いていたら、シリアをめぐって第3次世界大戦になってしまう。(クリントン案に従えば)もはや戦ってる相手はシリアではなくて、シリアとロシアとイランと戦うことになる。いいか?」とトランプ氏は批判した。

「ロシアは核保有国だ。しかも口先だけのほかの国と違って、実際に使える核の国だ」と警告した上でトランプ氏は、「あれほど悪人扱いした相手と、どうやって交渉するというんだ」と、クリントン氏ではロシアのプーチン大統領と交渉できないと述べた。

トランプ氏はさらに、共和党が一丸となって自分を後押していないと批判。「もし党が団結していたら、この選挙でヒラリー・クリントン相手に負けたりしない」と不満をあらわにした。「この党の幹部に大勢がとても怒っている。上層部の支援があれば、完全に勝てる選挙だ」と述べた上で、「それでも勝てると思う」と強調した。

「多くのシリア人が犠牲に」

シリア上空の「飛行禁止空域」設定については、これまでに米軍の最高幹部も懸念を示している。

9月下旬の米上院軍事委員会の公聴会で、ダンフォード統合参謀本部議長(海兵隊大将)は、「シリア上空をすべて支配するには、シリアおよびロシアと戦争を始める必要があります」、「それはかなり根本的な決断で、私は当然、その決断を下すつもりはありません」と証言していた。

ラスベガスで19日夜に行われた最後の大統領候補討論会で、クリントン氏は飛行禁止空域の設定を支持すると発言。「飛行禁止空域は人命を救い、紛争の終結を早める」と壇上で述べた。

一方で、告発サイト「ウィキリークス」が公表した流出メールによると、クリントン氏は投資銀行ゴールドマン・サックス向けの2013年の講演会では、飛行禁止空域を設ければ「多くのシリア人が犠牲になる」と話していた。

飛行禁止空域を設定するには、米軍は人口密集地域にあるシリアの防空設備を破壊する必要があるため、多数の民間人が死傷するのは必至とされている。

クリントン氏が提唱する飛行禁止空域の設定は、オバマ大統領の方針と異なるだけでなく、シリア紛争における米国の介入の度合いを一気に高めることになる。

<クリントン氏とトランプ氏の最新支持率。BBCが示す両候補の支持率は直近5種類の全米調査の中央値>

(英語記事 Trump: Clinton's foreign policy plan would start WWIII

提供元:http://www.bbc.com/japanese/37771294

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る