BBC News

2016年10月26日

クリス・ジョンソン、ビジネス担当記者

英政府は25日、ヒースロー空港に3つ目の滑走路を建設する整備計画を承認した。ヒースローの拡張には周辺地域の環境への影響を懸念する声も出ている。

閣僚の間でも意見は分かれており、クリス・グレイリング運輸相が「極めて重大な」決定によって貿易や雇用を促進すると述べた一方、ボリス・ジョンソン外相は「実現不可能だ」と反対している。

空港に近いロンドン南西部にあるパットニ―選挙区選出のジャスティン・グリーニング教育相も拡張計画に反対してきた。

空港整備計画で競合していたガトウィック空港は、政府の決定に失望感を示し、「英国にとって正しい答えではない」と述べた。

英運輸省は、ヒースローでの新滑走路建設による経済効果は最大610億ポンド(約7兆7000億円)に上り、近隣地域で生まれる新規雇用は今後14年間で7万7000人になるとの推計を示している。

ヒースロー空港は国内直行便の増加に加えて、海外路線も中国・武漢や大阪、エクアドルのキトなど最大40都市増やすことができるとしている。

政府は、意見公募を実施した上で、整備計画を国の航空政策の一部に盛り込み最終決定する予定。

その後、議会で来年春までに採決する。新滑走路の使用は2025年以降になる見通し。

政府の空港委員会は、滑走路の建設は2020年もしくは21年まで始まらないとしていた。

ロンドン西部のアクスブリッジおよびサウスライスリップ地区選出のジョンソン外相は、建設が実際に始まるのかは疑わしいとしている。「ブルドーザーが現れるのはまだずっと先のことで、本当にそうなるのかも分からない」。

ロンドンのサディク・カーン市長は、市西部にあるヒースロー空港の拡張はロンドンと国全体にとって間違った選択だと語った。

カーン氏は、「ヒースローの騒音の影響を受ける人の数は、パリ、アムステルダム、フランクフルト、ミュンヘン、マドリッドで空港の影響を受ける人数の合計より多い」と語った。「ロンドンの空気は殺人的だ。病気になるし、不法だ」。

グリーンピース英国支部のジョン・ソーベン支部長は、ヒースローの第3滑走路は環境汚染を悪化させ、「時間とお金、命の無駄になる」と述べた。

ロンドン特別区にあるハマースミス選挙区選出の労働党議員アンディ・スローター氏は、保守党が多数を占める地元議会議員や地域住民、国会議員らによる反対によって、「有害な第3滑走路を建設できる可能性はごくわずかしかない」と語った。

一方で、ヒースロー拡張の政府決定は、労働組合や経済団体から幅広い支持を得ている。労働組合会議(TUC)のフランシス・オグレイディ書記長は、計画が「英国にとって絶対不可欠」だとしたほか、イギリス産業連盟(CBI)のポール・ドレクスラー会長は、雇用創出と成長促進につながると述べた。

ヒースロー空港の経営陣は、第3滑走路建設が「公正で費用を抑えたものにし、拡張による利益が英国全体のものになるのを確実にする」としている。

イングランド地方南西部での空港拡張をめぐっては政治的論争が長年続いており、これまでの政権は問題を先送りしてきた。

企業はヒースロー空港の拡張を支持してきたが、空港周辺や飛行ルート下にある選挙区から選出された議員は強く反対してきた。

「破滅的」

ハワード・デイビス氏が委員長を務めた空港委員会は昨年、ヒースローに3つめの滑走路建設を勧告したが、ほかにガトウィック空港の拡張やヒースローにすでにある滑走路の延伸も選択肢して示した。

ロンドン・リッチモンドパーク選出の保守党議員ザック・ゴールドスミス氏は、政府決定を「破滅的」だと批判し、抗議のため議員を辞職した。

ヒースローが含まれるヘイズおよびハーリントン地区選出の労働党議員で、影の内閣の財務相ジョン・マクドネル氏は、政府決定は過程の始まりであって終わりではないと述べた。

同議員は、「デイビス報告書が発表されてから内閣が開始を決めるまで1年以上かかったのは信じがたいことだ」とし、「これほどまでの優柔不断は全く正当化できない」と語った。

英航空大手ブリティッシュ・エアウェイズを傘下に持つインターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)のウィリー・ウォルシュ最高経営責任者(CEO)は、政府の決定を歓迎しながらも、「空港使用料を現在の水準に抑える政令は基本的な条件だ。ヒースローは世界で最も費用がかかるハブ空港であり、拡張の費用負担を低く抑えることは非常に重要だ」と述べた。

ヴァージン アトランティック航空のクレイグ・クリーガーCEOは、英国第1の空港での航空会社間の競争を根本的に変化させる、興奮すべき機会だとし、2020年代半ばまで使用開始しない滑走路や設備の費用を利用客が過剰に負担させられるようなことがないよう同社が努力すると語った。

<第3滑走路の建設に伴う飛行ルートの変更案/図中央の矢印を動かす。緑が現在のルート>

(英語記事 Third runway at Heathrow cleared for takeoff by ministers

提供元:http://www.bbc.com/japanese/37771678

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る