赤坂英一の野球丸

2016年11月2日

»著者プロフィール

新井さん頼み

 グラウンド以外の場所でも、同じベテランの新井貴浩や若い選手たちと、黒田は積極的にコミュニケーションを図ってきた。新井が2000安打を達成する直前、プレッシャーのためか足踏みしていたころ、チームの全員で「まさか、あのアライさんが……」とプリントされた赤いTシャツを着て励ましたのは黒田のアイデアだった。その後、黒田が200勝を達成すると、今度は新井が「あの黒田さんがまさか」Tシャツをつくってお返し。黒田は若手のお手本となった上に、チームの一体感を醸し出す〝陰の演出家〟でもあったのだ。

 そういう黒田の穴は、決して小さくない。「前田健太(現ドジャース)がいなくなったときの比じゃない。新井ひとりで黒田のぶんもリーダーシップを発揮できるかなあ」と、いまから気を揉む球団関係者もいる。背番号15が球団史上3人目の永久欠番に決まり、レジェンドの仲間入りも果たした黒田、来年のキャンプにぜひ激励に来てほしいものだが、気が早過ぎるだろうか。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る