BBC News

2016年11月8日

ロビン・レビンソン=キング記者(トロント)

カナダ西部ブリティッシュコロンビア州近くの海で、1950年から行方不明になっていた原子爆弾を商業ダイバーが発見した可能性がある。

ショーン・スマイリキンスキーさんは先月、ナマコを探して潜水していたところ、空飛ぶ円盤のような金属の装置を見つけた。

カナダ国防省によると、発見された金属装置がこの海域で墜落した米軍のB36爆撃機に搭載されていた原爆である可能性があるという。

カナダ政府は、核爆発を起こすような物質は入っていないと考えている。政府は確認のため、ハイダグワイ諸島近くの発見現場に海軍の艦船を派遣した。

スマイリキンスキーさんは、米アラスカ州との国境に近いハイダグワイ近くのピット島周辺で潜水していたところ金属装置を見つけたと話した。「キングサイズのベッドよりも大きく」、上部は完全に平らで下部は丸くなっており、「ベーグルみたいに」中央に穴が開いていたという。

潜水から戻ったスマイリキンスキーさんはダイバー仲間に、「すごく変なものを見つけたよ。UFOじゃないかな」と冗談を飛ばした。現場は町から離れた場所にあるため、町の人に発見物が何である可能性があるか教えてもらうまでに数日かかったという。

友人のひとりで、地元に長年住む人が「もしかしたら、ここで50年代から行方不明になってた核爆弾を見つけたのかもしれないぞ!」と話したという。

行方不明になった核爆弾は、50年余りにわたって多くの軍事史専門家たちにとっての謎だった。

1950年当時、米テキサス州のカースウェル空軍基地に向かっていた米空軍のB36爆撃機075がブリティッシュコロンビア近くで墜落した。爆撃機は核攻撃をシミュレーションする秘密の任務で飛んでおり、「マーク4」核爆弾を実際に積んで重さに耐えられるか確認しようとしていた。

飛行開始から数時間後にエンジンで火災が発生し、乗組員たちはパラシュートで脱出。17人いた乗組員のうち5人が死亡した。

米軍によると、爆弾は鉛とウラニウム、トリニトロトルエン(TNT)火薬が詰め込まれていたが、プルトニウムは入っていなかったため、核爆発はしないという。乗組員は爆撃機を自動操縦にし、海の真ん中で墜落するようにした。しかし、墜落から3年後には、爆撃機の残骸が内陸に数百キロ入ったところで見つかっている。

ブリティッシュコロンビア州の航空史専門家ダーク・セプター氏によると、米政府は残骸を調査したものの、爆弾は見つからなかったという。

セプター氏はBBCに対し、「誰にとっても謎だった。当時は冷戦の真っただ中で、ロシアが手に入れるのではないかと恐怖に駆られていた」と語った。

乗組員たちは、TNTが発火した時に起きることを恐れて、まず爆弾を海の中に落としたと語った。

カナダ国防省の広報官は、米国防総省と連絡を取ったと明らかにし、ダイバーの発見物が爆弾である可能性は十分あると語った。

広報官によると、米軍は、爆弾は爆発する状態ではなく、危険ではないと考えているが、カナダ政府は念のため軍の艦船を派遣したという。

しかし、セプター氏はスマイリキンスキーさんが示した地点は飛行機が墜落したとみられる場所とは全く違うと語った。

「何かは全く分からないが、彼(スマイリキンスキーさん)が見つけたのは核爆弾ではない」。

(英語記事 Nuclear weapon missing since 1950 'may have been found'

提供元:http://www.bbc.com/japanese/37907136

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る