BBC News

2016年11月10日

»著者プロフィール

米大統領選で共和党候補のドナルド・トランプ氏が次期大統領に選出されたことを受け、米国のいくつかの都市で9日、大規模な抗議デモが発生した。デモ参加者たちは、トランプ氏を批判するスローガン「私の大統領じゃない」と叫んでいた。同じスローガンはソーシャルメディアでも拡散されている。

ニューヨーク市では、トランプ氏が住むビル「トランプ・タワー」の周辺に何千人もの人々が集まり、移民や同性愛者の権利、人工妊娠中絶の権利をめぐるトランプ氏の政策に反対する声を上げ、行進した。

これに先立ち、警察はニューヨーク中心部の5番街に面するトランプ・タワー周辺にコンクリートの防御壁を設置するなど安全確保の措置を取った。トランプ氏の政権移行チームは同ビルの中に拠点を置くとみられている。

ロサンゼルスでは、抗議デモによって市近郊の主要な高速道路が封鎖されたと地元メディアが報じた。

シカゴのトランプ・タワー周辺では、デモ参加者が「ノー、トランプ、ノー、KKK(白人至上主義団体「クー・クラックス・クランの略称)、ノー、ファシストの米国」などと繰り返しながら、ビルへの入り口を塞いだという。

一部の抗議デモでは米国旗が焼かれた。オレゴン州ポートランドでは、デモ参加者が高速道路を封鎖した。抗議デモはフィラデルフィアやサンフランシスコなどでも行われた。

トランプ氏は8日投開票の大統領選で民主党候補のヒラリー・クリントン前国務長官を下し、第45代大統領に就任する。就任式は来年1月20日の予定。

選挙運動中、トランプ氏は大統領の「資質に欠ける」と非難していたオバマ現大統領は、全ての米国民が選挙結果を受け入れるよう促した。

【米政権交代】トランプ氏に国を導く機会を クリントン氏が敗北宣言

【米政権交代】トランプ氏「全てのアメリカ人のための 大統領に」

ドナルド・トランプ米次期大統領、どうやって勝ったのか

オバマ大統領は、「我々は皆、彼が国を団結させ、導くのに成功するよう応援している」と述べた。

9日に敗北宣言したクリントン氏は、トランプ氏が国を導く機会が与えられるべきだと述べた。

9日未明に勝利宣言したトランプ氏は、「今はアメリカが分断の傷を癒していかなくてはならない」と述べ、「全ての米国人の大統領になる」と約束した。

ホワイトハウスのジョシュ・アーネスト報道官は、オバマ大統領が10日にトランプ氏と会談する際には、スムーズな政権移行を確実にする真摯な姿勢を見せると語ったが、「簡単な会談になるとは言っていない」とも付け加えた。

トランプ氏はメラニア夫人を伴ってホワイトハウスを訪れる予定。メラニア夫人はオバマ大統領のミシェル夫人とホワイトハウスの居住部分で面会する。

トランプ氏は公職に就いた経験がないが、大統領に就任後に優先的に取り組む政策として、インフラの修復と経済成長率を2倍にすることを挙げている。

共和党全国委員会のラインス・プリーバス委員長は、「ドナルド・トランプは(大統領就任に対して)真剣な姿勢でいる」と述べた。その上で、トランプ氏の経営者としての交渉能力によって、早期に「米国民のためになることを実現できる」と主張した。

次期大統領に決まったことで、トランプ氏には情報機関によるオバマ大統領と同じブリーフィングを受ける権利が生じる。これには米国の17の情報機関による秘密作戦や収集された情報が含まれる。

クリス・クリスティー・ニュージャージー州知事が率いる予定のトランプ氏の政権移行チームは、国家安全保障に関連の人選を早期に固めたい考えだとされている。

しかし、大統領首席補佐官を含む政権内の要職や閣僚の顔ぶれは現時点で明らかになっていない。

選挙期間中もトランプ氏にアドバイスをしてきたニュート・ギングリッチ元下院議長やルディ・ジュリアーニ元ニューヨーク市長が重用されるとの見通しがある。ジュリアーニ氏は司法長官や国家安全保障担当大統領補佐官への就任が取りざたされている。

(英語記事 Donald Trump election win sparks protests in US cities

提供元:http://www.bbc.com/japanese/37933945

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る