2016年12月号
クールジャパンの不都合な真実

■特集
クールジャパンの不都合な真実

【PART 1】設立から5年経過も成果なし 官製映画会社の〝惨状〟
【PART 2】チグハグな投資戦略 業界が求める支援の〝最適化〟
【PART 3】これでいいのかクールジャパン 不可解な投資、疲弊する現場
【PART 4】「クールジャパン」×「地方創生」 危険なマジックワードの掛け算
【PART 5】覚悟のない産地への支援は「伝統工芸」を滅ぼす
【PART 6】「Superdry 極度乾燥(しなさい)」が世界中で大ウケするワケ
【PART 7】最優先の国家プロジェクトはクリエイターの救済と海賊版対策
【COLUMN】すしの築地、アニメの秋葉原 「聖地」で学びたい外国人が殺到
【INTERVIEW】 リオ五輪閉会式演出の立役者 MIKIKO

コンテンツ、食、観光、伝統工芸など日本の魅力を海外に発信し、産業の成長を目指すクールジャパン戦略。 牽引役となるコンテンツ分野には多額の国費を投じているが成果は出ず、クリエイターは疲弊しきっている。 競争力の源泉となる人材を育て、民の力を最大限に引き出すために、国は何をするべきか─。

 

■WEDGE_OPINION.1
〝トランプショック〟は日本の好機になる
宮家邦彦(キヤノングローバル戦略研究所研究主幹)

■WEDGE_OPINION.2
ドゥテルテ発言に翻弄されず日比関係の充実を
高木佑輔(政策研究大学院大学助教授)

■WEDGE_REPORT.1
〝虎の子〟マリオいよいよスマホへ 透けて見える任天堂の「苦悩」
西田宗千佳(ジャーナリスト)

■WEDGE_REPORT.2
〝新型デフレ〟で正攻法も限界 外食産業が打って出た「奥の手」
Wedge編集部

■WEDGE_REPORT.3
世界が迫るウナギの取引規制
〝反対派〟日本にあけられた「蟻の一穴」
真田康弘(早稲田大学地域・地域間研究機構客員次席研究員)

■NEWS_TOPICS
日本のスマホメーカーは欧米に挑め
王者サムスンの失策は最後の好機
長内 厚(早稲田大学大学院経営管理研究科教授)

それは〝戦力外通告(クビ)〟を告げる電話だった by 高森勇旗
日米韓アマを渡り歩いた 本格派右腕の「生き方」
門倉 健さん (大阪近鉄バファローズ 他)

Global Economy by 倉都康行
行き詰まる金融政策 世界の潮流は財政政策へ

中国梦のゆくえ by 富坂 聰
「反腐敗」で更なる権力集中へ 六中全会で見えた〝危機感〟

人事は企業を変えられる by 寺川尚人
先代を超える経営者の育て方

漂流ものづくり大国の治し方 by 坂本幸雄
電通社員の過労死は他人事に非ず

地域再生のキーワード by 磯山友幸
「草加せんべい」 地域ブランドで打って出る

戦国武将のマネー術 by 橋場日月
スポンサーを口説き城を築いた真田昌幸の哀しき晩年

各駅短歌 by 穂村 弘
時計

さらばリーマン by 溝口 敦
熟成酒に商機見いだし神田で居酒屋を創業
バイト生活繰り返した元印刷会社社員
田島好展さん(めろう屋田DEN店主)

●世界の記述
●拝啓オヤジ 相米周二
●新刊クリップ 足立倫行
●CINEMA REVIEW 瀬戸川宗太
●読者から/ウェッジから

★ご購入はこちら

>> 紙で購入
>> デジタルで購入
>> Fujisanマガジンで購入
>> セブンネットで購入

下部枠線