BBC News

2016年11月18日

日本の安倍晋三首相は17日夕(日本時間18日朝)、訪問先の米ニューヨークで、トランプ次期大統領と会談した。会談後の単独記者会見で安倍首相は、「信頼できる指導者だと確信した」と述べ、信頼関係を築いていけると期待を示した。

会談は、トランプ氏が住むニューヨークのトランプ・タワーで1時間半にわたった。会談後に首相は、「大変温かい雰囲気の中で」、「胸襟を開いて率直に話ができた」と説明した。

安倍氏はさらに、日米間の「同盟というのは、信頼がなければ機能しない。私は、トランプ次期大統領は、まさに信頼することができる指導者だと確信した」と述べた。

首相は、「次期大統領はまだ正式に大統領に就任しておらず、今回は非公式の会談なので、中身を話すのは差し控えたい」としながらも、「2人の都合の良い時に再び会って、さらにより広い範囲についてより深く話をしようということで一致した」と述べた。

トランプ氏は当選以来、トランプ・タワーで数多くの各国首脳と電話会談するほか、政権移行チームや次期政権の幹部候補と面談を重ねている。実際に外国首脳と対面して会談するのは、安倍首相が最初だった。

報道によると、今回の会談は安倍氏がトランプ氏に電話で当選を祝福し、ニューヨークに立ち寄る予定があると伝えたことから、実施が決まったとされている。安倍氏はこの後、19~20日に南米ペルーで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に出席する。

安倍氏は、中国経済の台頭に対抗する手段として環太平洋経済連携協定(TPP)を強く推進してきた。10日には衆院本会議がTPP承認議案と関連法案を可決したばかり。一方のトランプ氏は選挙中、TPPを破棄すると公約してきた。

トランプ氏はさらに選挙中、日本政府が駐留米軍の維持費を今まで以上に負担する必要があると発言。また北朝鮮の脅威に対抗するには、日本や韓国が独自の核兵器を保有すべきだという考えも示唆していた。

米国は第2次世界大戦後、日本の経済復興を支援した。それ以来、両国は互いにとって主要な同盟国であり続けてきた。


トランプ次期政権については、政権移行チームがマイケル・フリン退役陸軍中将に、国家安全保障問題担当の大統領補佐官への就任を要請したと米メディアが報じている。2012年から2014年まで国防情報局(DIA)長官を務めたフリン元中将は、トランプ氏の副大統領候補に取りざたされていた。

17日にはほかに、ヘンリー・キッシンジャー元国務長官やニッキ・ヘイリー・サウスカロライナ州知事がトランプ・タワーを訪れた。これまでに複数の名前が国務長官候補に挙がっており、ヘイリー知事もそのひとり。

米メディアによると、2012年大統領選の共和党候補だったミット・ロムニー氏も週末にトランプ氏と会談する予定。ロムニー氏は選挙戦の間、トランプ氏を繰り返し批判していた。

トランプ選対幹部によると、「勝った州、(共和党支持に)ひっくり返した揺れ動く州」をトランプ氏が歴訪する「凱旋ツアー」を予定しているという。

(英語記事 Japan PM: 'I have great confidence in Trump'

提供元:http://www.bbc.com/japanese/38022418

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る