ネット炎上のかけらを拾いに

2016年11月22日

»著者プロフィール

 「コンドームを買ったことある?」と女性に質問し、買ったことがないと答えれば白い粉をぶっかけて罰する。この動画は、エロ目的のコンテンツではなく、れっきとしたリプロダクティブ・ヘルスの啓もうなのだという。

間違いだらけの啓もう動画

 筆者が1回動画を見た後、炎上していたこの動画は削除されてしまった。1回見ただけなので、内容の詳細についてはあいまいな部分があるかもしれないことを先にお断りしておく。

 覚えている動画の内容はこうだ。10代後半から20代と思われる若い女性が次々に登場し、「ピンクが好き?」「ファッションのこだわりは?」などという他愛もない質問をされる。楽しそうに答える女性たち。次第に質問の傾向が変わり、「コンドーム買ったことある?」「正確な避妊の方法を3つ言える?」などになる。彼女たちがこれに答えられなかったり、「(コンドームを買うのは)男の仕事!」と言ったりすると、バサーッ!と白い粉がかけられるのだ。服も、きちんとお化粧をした顔も粉まみれになる。クリーニング代は出してもらえるのだろうか、それとももともと用意された服装だったのだろうか、確か「靴下にこだわりがある」と答えて足元を指さしていた女性がいたはずだけれど……と裏側の事情が気になってしまった。

iStock

 それはさておき、なぜこの動画が炎上したのか。監修は国際協力NGOのジョイセフで、「I LADY.~あなたのアクションは、あなたを変える。世界を変える。~」キャンペーンの一環だそうだ。動画内では「日本女性のリプロダクティブ・ヘルスの知識、先進国の中で最下位レベル」という説明が入る。どうやら、この状況はいかん、と考えた方たちによる啓もうキャンペーンのようだ。

 この動画に拒否感を示す人たちのコメントがまとめられたtogetterから引用すると、

「なんでパートナーに避妊を言い出せない女の子に粉ぶっかける必要があるの。罰するより自衛できるだけの自尊感情を育ててくれよベイベー」
「『コンドームをちゃんと買わない』『ゴムなしのSEXを無理強いする』ような男は、別に『男子力がない』とか言われもしないのに、なんなんだ、このCM」
「『コンドームつけてと言い出せないお前(女)はダメ!』と言って女に圧力かけるのじゃなく『コンドームつけない男はダメだからそんな男からは立ち去って良い!』とエンパワメントしてくれよ…」

 などなど。理由は後述するが、筆者はこういったコメントをもっともだと感じる。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る