BBC News

2016年11月22日

世界各国のメディア報道を分析する「BBCモニタリング」から――

ノルウェー警察が検討中の新たな制服に異論が相次いでおり、警察は説明に躍起になっている。

日刊紙アフテンポステンに掲載された記事は、「新制服」が国民に不人気だと指摘。センスが悪いと思うファッションをフェイスブックで容赦なく批判する「ファッション・ポリス」たちが、「全員一致でダメ出しした」と伝えている。

記事によると、くすんだ緑色の「アーバン・カモフラージュ」服の試用が先週14日に始まった。「新制服」はそもそも、武装警官や特殊部隊がこれまで着用してきた黒いつなぎの制服を新しくするため、デザインされたものだという。記事は新しい色について「群衆により溶け込むものにしたいという声に答えるためでないか」と指摘している。

アフテンポステン紙のフェイスブックページには、「遅ればせながらのエイプリル・フール」、「街路清掃人の制服」など、数百余りのコメントが集まった。さらには、「北朝鮮軍が使ってるやつだ。ファシスト政権のために働くならいいんじゃない?」と皮肉る声も。あるユーザーは、「帝国の逆襲でしょ。(映画監督のジョージ・)ルーカスに使用料は払ったの?」と茶化した。

しかし今のところはから騒ぎになりそうだ。警察は、制服のデザインはまだ最終決定されていないと説明している。

ノルウェー警察庁のヨルン・シェルデルプ氏はBBCに対し、「試験的な運用であって、市民とやり取りすることがない訓練時だけ着用されている」と語った。同氏は「したがって警察が街中を巡回する際にはこの制服は着ていない」とし、新しい制服についての最終決定は、2年間の試用期間が終了した後になると述べた。

(英語記事 Norwegians unimpressed by 'new' police uniforms

提供元:http://www.bbc.com/japanese/38048651

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る