BBC News

2016年11月24日

英北部ウエストヨークシャーで6月16日にジョー・コックス下院議員(41歳、労働党)が殺害された事件の判決が23日、ロンドンの刑事法院で言い渡され、トマス・メア被告(53)は終身刑となった。事件は、欧州連合(EU)離脱の是非を問う国民投票の1週間前に起きた。

コックス議員は地元バーストルで有権者との対話集会を始める直前に、メア被告に撃たれ、刺されて死亡した。議員を助けようとしたバーナード・ケニーさん(78)は、腹部を刺されて重傷を負った。

陪審団は、被告が殺意を抱き銃器を所持し、重傷を与える意図でケニーさんを刺し、刃物を所持していたことなどについて、有罪の評決を下した。

アラン・ウィルキー裁判長は、被告に終身刑を言い渡し、おそらく生涯を刑務所で終えることになると述べた。被告の罪があまりに重大なため、国務大臣の承認がなければ仮釈放は認められないという。

裁判長は、犯行の目的は、ナチズムにつながる暴力的な白人至上主義という政治命題を推進することだったと断定した。

コックス議員を襲いながら被告は「英国が第一」と叫んだが、真の「愛国者」は被告ではなくコックス議員だと裁判長は糾弾。検察は、被告の動機は憎悪で、その犯行は「テロ行為以外のなにものでもない」と批判した。

ダークスーツと青いネクタイ姿の被告は、評決言い渡しを表情を変えずに聞いていた。

事件後の家宅捜索で、現場に近い被告の自宅からは、ナチス・ドイツ関連の資料が発見された。

被告は罪状認否に応じず、弁護側の証言も拒否していたが、判決言い渡しの前に法廷で発言の機会を求めた。しかし裁判長は、これまでの審理ですでにその機会は与えられていたと、認めなかった。

ウィルキー裁判長は被告に対して、「あなたは愛国者のふりをしている。(議員を)殺害した時に繰り返し口にした言葉は、そういう自己認識に対するリップサービスだ。国を愛する気持ちは本当なのかもしれないし共感を得られるのかもしれないが、あなたの行動と共に口にすると、汚れて毒にまみれた言葉になってしまう」と述べた。

さらに被告の動機となったのは、国を思う気持ちではなく、ナチスへの憧れだと裁判長は非難。

「我々の親の世代は、(ナチスの)理念や価値観を打倒するため、第2次世界大戦でとてつもない犠牲を払った。あなたのしたこと、そしてナチスの考え方に憧れて犯行の動機としたことは、親の世代の犠牲を裏切るものだ」

裁判長はさらに、被告が自分の行為を認める勇気もなく、そのため裁判を通じてコックス議員の遺族は事件を追体験するはめになってしまったと指摘。それに対して、コックス議員を助けようとしたケニー氏は「本能的に勇気をもって」行動し、あらゆる称賛に値すると述べた。

裁判長はさらに、被告がコックス議員の行動を何週間にもわたり調べて準備を重ねていたことが、さらに犯行を悪質にしていると指摘。コックス議員が、幼い子供たちの母親だと十分承知した上での犯行だったと非難した。

コックス議員については、「素晴らしい母親で娘で姉で、伴侶だった」と裁判長は称えた。また、襲われた議員が自分を助けようとした助手たちに、「離れて。私を襲ってるこの男にあなたたちまで襲われないで」と叫んだという証言を念頭に、「暴力による死に直面しているその時でさえ、自分を捨てて他人のことを思っていた」と議員を称えた。

満員の法廷を前に、コックス議員の夫ブレンダンさんは、自分は「報い」を求めてこの場にいるのではなく、メア被告については愛情に欠けて憎しみに飲み込まれた人生を送ってきて「哀れだという思いしかいない」とコメントを読み上げた。

また判決言い渡しの後に裁判所の外で、自分の妻は憎しみに駆り立てられた無様で自滅的なテロ行為によって殺されたが、それによって多くの人から愛情が溢れだしたと述べた。

自分たち遺族は憎しみに憎しみで応えるつもりはないし、妻の考えや価値観や子供たちや家族を通じて生き続けるとブレンダンさんは強調した。

(英語記事 Jo Cox: Man jailed for 'terrorist' murder of MP

提供元:http://www.bbc.com/japanese/38087713

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る