BBC News

2016年11月30日

»著者プロフィール

パトリック・エバンズ、BBCニュース

シリアの反政府勢力が支配するアレッポ東部に対する政府軍の進攻が激化するなか、これまでに1万6000人に上る住民が、避難を余儀なくされている。

国連は、この事態を深く懸念していると表明。残る反政府勢力地区は、激しい空爆にさらされており、すでに数十人の死者や負傷者が出ているという。

東部ではいまだに、子供10万人を含む25万人が包囲化で生活しているとされる。機能している病院はもはやなく、正式に把握されていた食料の備蓄は枯渇している。

バシャール・アル・アサド大統領の政権に反旗を翻した内戦が始まり、アレッポが分断されてから4年以上がたつ。その中で、反政府勢力地区に暮らしてきた住民たちに、BBCが今の状況について尋ねた。


アブドルカフィさん、教師

「あまりに大変な状況です。政権は地上部隊を進軍させている」

「想像してみてください。もう4カ月近く、包囲されているんです。食べ物はないし、病院で手当てを受けることもできない」

「大学で教えていたんですが、続けられなくなりました。妻は病気で、娘のミルクがない。でも2人とも生きています」

「政権が奪還した地域から、僕たちの家は少し離れている。何千という家族が、僕たちの住む地区に移ってきました」


ファリダさん、医師

「現場の状況は想像を絶する。どの病院もことごとく攻撃されたので、今では病院ではなく医療センターで働いています」

「これまで自分の家は大丈夫でしたが、今では周りですさまじい爆撃が続いている」

「みんな気落ちしています」


アフマド・アジズさん

「とても想像もつかない状況です。最悪の毎日が目の前で展開している。狂ったような爆撃のせいで、移動もできないし、お互いの様子も見えない」

「家族のための新しい家を探していた親友が、病院の近くで死んだと、朝一番に知らされた」

「まさにそれがアレッポの状況です」


アラア・ゼダンさん、写真家

「民間人を安全に(反政府勢力が支配する)イドリブ県に避難させてほしい」

「みんな死にかけています。死にかけているので、アレッポの南に行かないとならない」

「アサド政権は犯罪者だ。私たちを殺そうとしている。ここで27万人が死ぬかもしれない」

「アレッポについて解決策が今すぐ必要です。お願いだから、急いで、急いで、急いで」


モハメドさん、教師

「今の状況は超悪い。壊滅的な状況だ。何もかもあまりにひどい。みんな死ぬ直前だけど、例によって世界は僕たちが血を流そうが気にかけていない」

「あまりに大勢の家族が逃げだした。徹底的な殺戮、バシャル・アル・アサドと仲間たちが民間人に対して激しく繰り広げている、徹底的な爆撃から、次々と逃げ出しているんだ」

「ほとんどの人は、僕たちの地域に逃げてきた。僕たちが探して提供した場所に住んでいる」

「政権に拘束されて、政権が支配する地域に連れていかれた人たちもいるみたいだ」

「これが終わるには、全世界が一丸となって、ロシアとイランとアサド政権のやることを阻止しなくてはならない。この事態を終わらせるにはそれしかない」

(取材:パトリック・エバンズ、ソーシャルニュース・チーム)

(英語記事 Aleppo resident: 'Situation is worse than imaginable'

提供元:http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-38153986

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る