BBC News

2016年12月7日

»著者プロフィール
1972年の公開当時から性描写が議論になった映画「ラスト・タンゴ・イン・パリ」の撮影で、強姦場面の撮影が女優の同意を得ていなかったのではないかとインターネットで騒ぎになったことを受け、ベルナルド・ベルトルッチ監督が「ばかげた誤解だ」と反論した。

 

この記事は、公開期間が終了しました。


以下のリンクにて、記事の本文をご覧いただけます。
(※「BBC NEWS JAPANのサイトが開きます。)
http://www.bbc.com/japanese/38232408

 

 

関連記事

新着記事

»もっと見る