2010年5月号
2010年5月号

特集:吟行のたしなみ 「新幹線俳句大賞」受賞作品発表

俳句が、作者のこころの動いた瞬間を鮮やかに映し出す装置だとしたら、
旅はそのエネルギー源といえるでしょう。
いつの時代も俳句は、旅から生まれてきました。
たとえば江戸中期、俳聖・松尾芭蕉はどんな句作の旅をしたのでしょう。
あるいは明治時代の正岡子規と夏目漱石は?
昨年10月から今年1月にかけて募集した「新幹線俳句大賞」にも、
現代らしい旅の匂いが感じられる、すてきな句が多数寄せられました。
どうやら日本人のDNAには、吟行のたしなみが組み込まれているようです。
旅して、俳句をひとひねり。その楽しさに目覚める時がきました。
写真:レイルマンフォトオフィス

京都の路地 まわり道
千 宗室・文 井上隆雄・写真
おまちどおさま

今月の旅指南
奈良市・唐招提寺 うちわまき ほか

特集
吟行のたしなみ
●芭蕉、夏の旅  光田和伸・文 井上博道・写真
●二八歳の子規と漱石  坪内稔典・文 中川道夫・写真
●「新幹線俳句大賞」受賞作品発表
●座談会・「新幹線」の周囲にある旅情  
中村 伸・構成 中川道夫・写真

今を決めたあの時
吉永みち子・文 川上尚見・写真
櫻川米七 太鼓持ちという生き方

個人美術館ものがたり
赤瀬川原平・文 川上尚見・写真
笠間日動美術館――画商ならではの芸術保護区

ひとときエッセイ「そして旅へ」
松岡正剛
本屋と風呂屋にかぎります

伊勢、永遠の聖地
千種清美・文/写真
薫風の季、神さまの衣を織る

万葉から吹く風
東 茂美・文 井上博道・写真
鯨とワカメと島歌と

粋を継ぐわざ
田中敦子・文 渞 忠之・写真
「江戸甲冑」 加藤一冑

名作のひととき
中西 進・文 林 義勝・写真
足摺岬・生と死のはざまで――田宮虎彦『足摺岬』

ちょっと寄り道うまいもの
森枝卓士・文/写真
新鮮だけど懐かしい 神戸味噌だれ餃子

鉄道の殿堂
梅原 淳・文/写真
自動車の技術進歩に貢献――国鉄高速バス

芭蕉の風景
小澤 實
武隈の松 宮城県岩沼市

古代史紀行 アキツシマの夢
恵美嘉樹
消された英雄――源平合戦一ノ谷の戦い

旅の小箱 from JR西日本、JR東海
●はじまりの奈良で熱い感動を。「平城遷都1300年祭」
●「大山・鬼太郎キャンペーン」開催中。
“本物”に出会える、山陰の旅へ
●美術館「えき」KYOTO「ミステリーの女王・山村美紗の世界」
●JRセントラルタワーズ 10周年記念イベント開催中
●「安全・安心」な野菜をお届け
――JR東海グループの農業事業
●尾張なごやの謎を解く「なごや四百年時代検定」開催!

お電話からの申し込みお問い合わせ 0120-34-3746 午前10時~午後5時(土日祝日を除く)
最新記事の一覧 WEDGEInfinityへ

「ひととき」の一部の記事は、WEBマガジン「WEDGEInfinity」にて記事全文を読むことができます。