BBC News

2016年12月23日

»著者プロフィール

オーストラリアの警察は23日、メルボルンでクリスマス当日に計画されていたテロ攻撃を未然に阻止したと発表した。メルボルン市内5カ所での早朝の強制捜査で、男性5人を拘束したという。ビクトリア州警察のグレアム・アシュトン本部長が記者会見で明らかにした。

アシュトン本部長は「いわゆる同時多発攻撃を、おそらくクリスマス当日に実行しようとしていたようだ」と説明した。

「すでに無効化したこの計画以上の、あるいはこれ以外の脅威はない」と本部長は述べ、市民への危険は排除したと説明した。

数週間におよぶ監視捜査の末に逮捕された男たちは、爆発物や銃器、刃物などを使い、フリンダース・ストリート駅やフェデレーション広場、聖ポール大聖堂などで攻撃を計画していたと考えられている。いずれも、市民が多く集まる場所で、26日に近くのクリケット競技場で予定されるオーストラリア対パキスタンの試合には観客10万人の来場が見込まれている。

容疑者5人のうち4人は、オーストラリア生まれの20代のレバノン系で、5人目はエジプト出身のオーストラリア人だという。

本部長によると5人はいずれも、「自ら過激思想に染まった」ものの、過激派勢力のいわゆる「イスラム国」(IS)のプロパガンダに影響を受けている。

強制捜査ではほかに男女が1人ずつ逮捕されたが、後に不起訴で釈放された。

マルコム・ターンブル首相は、相当な規模のテロ計画を警察が阻止したと評価。

「(テロリストは)オーストラリア人を怖がらせ、分断させ、対立させようとしている。しかしそうはさせない」と首相は述べた。

(英語記事 Melbourne Christmas Day 'terror attack' foiled, say Australia police

提供元:http://www.bbc.com/japanese/38412996

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る