コラムの時代の愛−辺境の声−

2017年1月1日

»著者プロフィール
閉じる

藤原章生 (ふじわら・あきお)

毎日新聞記者

1961年、福島県生まれ。北海道大学工学部卒業後、住友金属鉱山に入社。89年に毎日新聞社に入り、ジャーナリズムの道へ。92年に外信部に所属し、 93年にメキシコ留学。帰国後の95年から南アフリカ・ヨハネスブルグでアフリカ特派員、2002年からは、メキシコ市支局長、ラテンアメリカ特派員。08年〜12年までローマ支局長。5 年半に渡るアフリカ特派員時代の取材を元にした著書『絵はがきにされた少年』(集英社文庫)で05年の開高健ノンフィクション賞受賞。著書に、『世界はフラットにもの悲しくて』(テン・ブックス)、『資本主義の「終わりの始まり」―ギリシャ、イタリアで起きていること』 (新潮選書)、『ギリシャ危機の真実 ルポ「破綻」国家を行く』(毎日新聞社)『翻弄者』(集英社)、『ガルシア=マルケスに葬られた女』(集英社)。

 「かつての革命のような暴力はもうない。それでも、打ち破る時は来る。私たちは関連する出来事の積み重ねを経てより成熟する。そして、突然の爆破のように扉は開くが、その渦中にいる私たち自身もそのプロセスがわからない」

 アンゲロプロスは、政治家なり何なり、誰か独裁的な人物がことを起こすとは考えていなかった。むしろ、「扉」を破る主体は不満を抱えた大多数の人々、民衆、社会の方だと。

 「思うんだが、いつか地中海諸国が『扉』を奥へと押し始める最初の地になる気がする。私は楽観主義でも悲観主義者でもない。ただ言えるのは、『扉』は開くということだけだ。受け入れられる方法で。問題は経済というものさしが、政治も倫理も美学もすべてのことを決めてしまう時代に私たちが生きていることだ。そこから解放されなくてはならない。『扉』を開こう。それが唯一の解決策だ。今の世代で始め、次の世代へと。経済取引が第一の原則ではなく、人間同士の関わりこそがすべての基本となるような世界を、私たちは想像できるだろうか」

 彼は遺言のようにそう語ると、半年後に亡くなった。その2012年当時、私は彼の言葉を、当時暮らしていたイタリアのあらゆる人々にぶつけてみた。解を得ようと試みたのだ。

充満する閉塞感

 それからまる4年が過ぎ、アンゲロプロスの言葉はより普遍性を帯び始めている。

 国民投票で欧州連合からの離脱を選んだ英国人。社会主義的な政策を導入し格差解消を唱えたサンダース氏が躍進した米国。そこで最終的にトランプ氏が選ばれたのは、既成政治家たちには決して「閉塞感」を打破できないーーと考える人が少なからずいたからだ。

 トランプ氏という個人に注目が集まるが、大事なのは、彼を押し上げる要素、つまり何が何でも「扉」を開き、閉塞感を打破してほしいという声が社会に充満していることだ。イタリアの国民投票で首相が辞任に追い込まれたのも、議題だった憲法改正に反対したというより、既成政治家には任せられないという国民のいらだちからだった。

関連記事

新着記事

»もっと見る