コラムの時代の愛−辺境の声−

2017年1月1日

»著者プロフィール
閉じる

藤原章生 (ふじわら・あきお)

毎日新聞記者

1961年、福島県生まれ。北海道大学工学部卒業後、住友金属鉱山に入社。89年に毎日新聞社に入り、ジャーナリズムの道へ。92年に外信部に所属し、 93年にメキシコ留学。帰国後の95年から南アフリカ・ヨハネスブルグでアフリカ特派員、2002年からは、メキシコ市支局長、ラテンアメリカ特派員。08年〜12年までローマ支局長。5 年半に渡るアフリカ特派員時代の取材を元にした著書『絵はがきにされた少年』(集英社文庫)で05年の開高健ノンフィクション賞受賞。著書に、『世界はフラットにもの悲しくて』(テン・ブックス)、『資本主義の「終わりの始まり」―ギリシャ、イタリアで起きていること』 (新潮選書)、『ギリシャ危機の真実 ルポ「破綻」国家を行く』(毎日新聞社)『翻弄者』(集英社)、『ガルシア=マルケスに葬られた女』(集英社)。

失望の果てに何を求めるのか?

 だが、例えば、トランプ氏が何か奇策を打ち出し「扉」を開くかといえば、それはない。イタリアの住民運動でのし上がった人物、ベッペ・グリッロ氏にしても、公約の格差解消など無理な話だろう。

 彼らには荷が重い。それがはっきりするまで、彼らは「既成政治家が悪い」「抵抗勢力のせいだ」と責任転嫁をして時間稼ぎをするだろうが、不満を抱えた層はいずれ、彼らは何もできないと気づく。

 その後、どうなるのか。

 壊し屋、あるいは祭りの始まりを賑わすだけのピエロ的な彼らではらちが明かないとわかったとき、閉塞感にあえぐ国民たちの矛先はどこへ向かうのか。

 2017年、私が最も注目しているのは、ピエロの言動や行動ではない。それを押し上げた層がいつ失望し、その果てに何を求め始めるかだ。そのとき、アンゲロプロスの言う「扉」の向こう側が、ほんの少し見える気がする。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る