BBC News

2017年1月1日

»著者プロフィール

国連安全保障理事会は12月31日、ロシアとトルコが仲介したシリアの停戦合意を支持する決議を採択した。停戦がこのまま継続した場合、和平協議が1カ月以内にカザフスタンの首都アスタナで行われるという予定が、合意に含まれている。

ロシア提出の安保理決議2336号はこのほか、シリア全土に人道援助を速やかに届けられるようにするよう求めている。

決議案の最終版は「endorse(裏書き、後押しする)」という表現を削り、代わりに安保理はシリアの危機を終わらせようとするロシアやトルコの努力を「歓迎し支持する」と表現を改めた。

ロシアのウィタリ・チュルキン国連大使は、採決前に「時代遅れの決まり文句を繰り返すのは止めよう」と安保理で強調。「皆で真剣にこれに取り組み、2017年にはシリア危機の政治的解決を確実に実現しよう」と呼びかけた。

シリアのアサド政権を支持するロシアはこれまで、アサド大統領退陣を前提とした紛争解決を求める米英仏による安保理決議案に対して、拒否権行使を繰り返してきた。一方で、今回の停戦合意をロシアと共に仲介しているトルコは、アサド大統領退陣を支持してきた。

安保理決議案には、両国が提出した資料に留意したと書かれているが、フランスのアレクシス・ラメク国連大使は、反政府勢力やシリア政府が署名した文書は安保理に提出されていないと釘を刺した。

「こうした状況では、停戦合意の当事者たちがどの程度、停戦の実施に意欲を持っているのかはいささか不確かで、実施されるという根拠もやや覚束ない」と仏国連大使は慎重な姿勢を示した。

合意に署名した反政府勢力の間には、シリア政府が署名した合意文書と自分たちが署名させられた文書は、内容が異なっているという主張もある。

シリアの和平合意は、ロシア、トルコ、イランが支援しており、12月30日に発効して以来、散発的な衝突や合意に含まれていない勢力の戦闘を除いて、ほぼ維持されている。

自由シリア軍(FSA)は、首都ダマスカスのワディ・バラダ地区を掌握する反政府勢力に対して政府軍が砲撃を31日午後6時までに終わらせなければ、停戦合意を破棄するとロシアに通告していた。しかしFSAのオサマ・アブ・ザイド法律顧問によると、期限のわずか数分前に政府軍の砲撃は停止したという。

停戦合意はシリア全土が対象だが、過激派勢力のいわゆる「イスラム国」(IS)のほか、「ジャブハト・ファタハ・アル・シャム」(旧ヌスラ戦線)、クルド人民防衛隊(YPG)は外されている。

なぜワディ・バラダがそれほど重要なのか

停戦合意発効前日の12月29日、国連はワディ・バラダでの戦闘に懸念を表明。ダマスカス周辺住民約400万人に飲料水を供給する水源を、戦闘員たちが意図的に攻撃していると指摘した。

ワディ・バラダは「ジャブハト・ファタハ・アル・シャム」を含む反政府勢力が掌握している。「ジャブハト・ファタハ・アル・シャム」は昨年7月に過激派勢力アルカイダと関係を断つまで、「ヌスラ戦線」と呼ばれていた。

「ジャブハト・ファタハ・アル・シャム」の広報担当は30日、今回の停戦合意下での政治的解決は「犯罪的独裁政権を複製」してしまうと批判し、今後もアサド大統領と戦い続けると表明した。

FSAは31日、政府とイラン民兵がワディ・バラダで停戦合意に「あからさまに違反」していると批判、計画している「虐殺」を実施すれば、合意は「ただちに終わる」と警告していた。

FSAは「政権および政権同盟勢力の保証人として合意に署名したロシアに、責任を果たすよう求める」と表明し、自分たちは「反政府勢力掌握地区のどの地域もどの勢力も除害しない、包括的な合意にもとづく停戦」を完全に堅持するつもりだと強調した。

シリア政府側では、政府軍のほかに民兵勢力とロシア軍が停戦に参加している。反対側では、自由シリア軍(FSA)、穏健派の反政府勢力、HNC関係勢力が参加している。 シリア政府軍によると、ロ反政府勢力との停戦合意に、ISと「関連組織」は停戦合意に含まれていない。

ロシア国防省は、合意に参加した主要反政府勢力として、「ファイラク・アル・シャム」、「アフラル・アル・シャム」、「ジャイシュ・アル・イスラム」、「トゥワル・アフル・アル・シャム」、「ジャイシュ・アル・ムジャヒディン」、「ジャイシュ・イドリブ」、「アル・ジャブハ・アル・シャミヤ」の名前を挙げている。ロシアとシリアの両政府がかねてからテロリストと呼んできた「アフラル・アル・シャム」と「ジャイシュ・アル・イスラム」も含まれているが、「アフラル・アル・シャム」は合意内容に一部「懸念がある」と話している。

(英語記事 Syria conflict: UN welcomes Russia-Turkey truce efforts

提供元:http://www.bbc.com/japanese/38481846

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る