定年バックパッカー海外放浪記

2017年1月22日

»著者プロフィール
閉じる

高野凌 (たかの りょう)

定年バックパッカー

1953年生まれの62歳。横浜生まれ、神奈川県出身。大学卒業後は商社、メーカー勤務を経て2013年定年退職。2014年春から海外放浪生活を始める。放浪歴は地中海、韓国、インドシナ半島、インドネシア、サンチアゴ巡礼など。サラリーマン時代は主として海外業務に従事。ニューヨーク、テヘラン、北京にて海外駐在を経験。身長170センチ、57キロ。獅子座。A型。現在2人のご子息は独立し、夫人との2人暮らし。孫1人。

ビールのあとは「ミャンマーうどん」のお店に 

 今回の旅行はタイの地方都市で象の世話をするというボランティアがメインで、その帰りにヤンゴンに立ち寄ったという。「象使いの少年が素敵だったんですよ。本当に純粋で可愛くて。彼のバイクに乗せてもらってタイの田舎道を走ったのが夢のようでした。」と問わず語り。

お腹がすいているときは「全のっけ」うどんを注文

 二軒目でも黒ビールの大ジョッキを一杯づつ、そして二人でストロング系のダゴン・ビール大瓶を2本空けたのでさすがに酔いが回ってきた。“しめ”に近くの店でミャンマー式肉うどんを食べてゲストハウスに引き上げた。

深夜の“飲み直し”は
エンドレス

すっきりと飲みやすいリーガル・セブンの大瓶

 12月23日 夕刻またしてもユミちゃんと晩飯に出かけて、この晩も二軒BBQの店をハシゴ。しこたまビールを飲んで10時半頃ゲストハウスに帰館。

 ロビーで少し酔い覚ましをしようとソファで雑談していたら、ユミちゃんは立ち上がってロビーの冷蔵庫に行ってミャンマー・ビールの大瓶を持ってきた。飲み足りない様子なのでしかたなくオジサンも付き合う。

 ユミちゃんはかなりの酒豪だ。すこし頬がピンク色になっているがあまり酔っている様子はない。ビールを飲みながらタバコも吸っている。ユミちゃんはしだいに日本での生活について語りだした。

関連記事

新着記事

»もっと見る