ビジネスパーソンのための「無理なく実践!食育講座」

2017年1月10日

»著者プロフィール
著者
閉じる

佐藤達夫 (さとう・たつお)

食生活ジャーナリスト

1947年5月30日、千葉県千葉市生まれ。1971年北海道大学水産学部卒業。1980年から女子栄養大学出版部へ勤務。月刊『栄養と料理』の編集に携わり、1995年より同誌編集長を務める。1999年に独立し、食生活ジャーナリストとして、さまざまなメディアを通じて、あるいは各地の講演で「健康のためにはどのような食生活を送ればいいか」という情報を発信している。日本ペンクラブ会員、女子栄養大学非常勤講師(食文化情報論)、食生活ジャーナリストの会事務局長。主な著書共著書に『食べモノの道理』(じゃこめてい出版)、『栄養と健康のウソホント』(一般社団法人家の光協会)、『これが糖血病だ!』(女子栄養大学出版部)、『安全な食品の選び方・食べ方事典』(成美堂出版)、『野菜の学校』(岩波書店)、『新しい食品表示の見方がよくわかる本』(中経出版)ほか多数。講演活動では、「あなたはなぜやせられないか?」「生活習慣病は自分で治す」など肥満や糖尿病のメカニズムや、「健康長寿のための食事と生活」という食生活と健康にまつわる最新情報を、医師の視線ではなく、一般の人にわかりやすいことばで提供する。あるいは、健康を保つ上で欠かせない技術としての「安全な食品の選び方」や「食品表示の見方」あるいは「健康にいい野菜の栄養情報」を、やさしく解説する。また、長年、女性雑誌を編集してきた立場から、「男性の家事が社会を変える」「中高年からの二人暮らし」などのテーマで、男性の家庭内自立を説く。

豆腐類、乳製品、芋類、海草類、キノコ類も忘れずに

 和風のお店なら大豆製品・豆腐系料理を一品、洋風のお店なら乳製品系料理を一品、注文する。これも「注文し忘れがちな料理」だ。

 芋料理も注文したい(ただしフライドポテト以外)。豆類や芋類には食物繊維が多いので、おつまみに含まれている塩分や脂肪分を体外へと排出する手助けをしてくれる。

 和風のお店なら、海藻料理あるいはキノコ料理のいずれか(もちろん両方でもいい)も頼みたい。これらは比較的低カロリーで、かつ満腹感がある。

メインが「肉だけ」にはならないように!

 頼み忘れることはほとんどなさそうだが、主菜(動物性タンパク質)系料理としては肉料理と魚料理をバランスよく(一品ずつとか)注文しよう。肉料理ばかり(たとえば鶏の唐揚げ+ソーセージ盛り合わせなど)注文することのないようにしたい。

 ちなみに、アルコールは肝臓で代謝(酵素によって分解)されるのだが、このときに肝臓の細胞に負担をかける。その修復には動物性タンパク質が効果的である。

調理法にも変化をもたせる

 おつまみの食材にバラエティを持たせることも大事だが、「調理方法」にも変化をつけて頼むこともたいせつ。揚げ物だけではなく、生もの、焼き物、蒸し物、煮物、炒め物、酢の物、この時季なら鍋物もいい。調理法に変化を持たせると、栄養バランスが整いやすい。同じ調理法(たとえば揚げ物ばっかり)だと、栄養的に偏りが生じやすいことを覚えておこう。 

酔ってからおつまみを「追加」しない

 おつまみは、酒宴のスタート時に「適量」をしっかりと注文することも重要なポイント。酒宴が進むにつれて酔いが回ってきて冷静な判断ができなくなるので、基本的に、おつまみの追加注文はしない。酔いに任せて次々に注文をすると、せっかくシラフのときに(健康と財布の事情を考慮して)注文したことが、台無しになる。

 最初に注文したおつまみが出揃って、それを食べ終わったら、その時点で「お開き」にする。

 最近はデザートが豊富(豪華、大量といいかえてもいい)な傾向になってきた。とりわけ女性の場合は「別腹」などといってデザートを食べすぎがちなので、注意したい。別腹も「自分の腹」である!

関連記事

新着記事

»もっと見る