今月の旅指南

2017年1月27日

»著者プロフィール
閉じる

狩野直美 (かのう・なおみ)

東京生まれ。フリーライター。旅行業界誌の記者・編集者を経て、1994年からフリーランスに。主に海外旅行関連誌、ウェブマガジン等に記事を執筆中。

 昨年、米国の「タイム」誌で、「世界で最も影響力のある100人」に日本人として唯一選ばれた、前衛芸術家の草間彌生(くさまやよい)。絵画からインスタレーション、ファッションまで、世界中で高い評価を得ている草間芸術の全貌に迫る展覧会が、国立新美術館(東京・六本木)で開かれる。

草間彌生 「わが永遠の魂」シリーズより
《しのびがたい愛の行方》 
2014年 © YAYOI KUSAMA

 展示の中心は、草間が平成21年(2009)から取り組んでいる大型絵画の連作「わが永遠の魂」。正方形のカンヴァスに色彩豊かに描かれた、500点におよぶ草間最大のシリーズ作品で、現在も最新作が生まれている。この中から日本初公開の約130点が展示される。

 一方、昭和32年(1957)に単身渡米し、前衛芸術家としての地位を築いたニューヨーク時代の作品群も見逃せない。草間の代名詞ともいえる水玉模様の作品をはじめ、ネット・ペインティングやソフト・スカルプチュアなど、時代を先取りした当時の作風にも触れられる。

 あわせて270点近くの作品が展示され、稀代の芸術家の70年近くにおよぶ活動の軌跡をたどることができる。

 屋外展示場には、巨大なかぼちゃの彫刻が出現。小さな光がきらめくミラー・ルームもあり、草間芸術を体感して楽しめる。

●草間彌生 わが永遠の魂
 <開催日>2017年2月22日~5月22日
 <開催場所>東京都港区・国立新美術館(東京メトロ千代田線乃木坂駅下車)
 <問>☎03(5777)8600
  URL:http://www.nact.jp/
     http://kusama2017.jp/

 *情報は2016年12月現在のものです。料金・時間・休館日などの詳細は、お出かけの際、現地にお確かめください

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

◆「ひととき」2017年2月号より

 

 

 

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る