BBC News

2017年1月13日

»著者プロフィール

2015年9月にハンガリーとセルビアの国境地帯で、走る移民の親子に脚をかけて転ばせた女性カメラマンに対する判決公判が12日、ハンガリー南部セゲドの地裁であり、カメラマンは公序良俗違反の罪で有罪となり、3年間の保護観察下に置かれた。

ハンガリーN1TVのカメラマンだったペトラ・ラズロ被告は、警察の制止線を越えた移民たちが自分の方へ走ってきた際、小さい女の子を含む2人を蹴り、子供を抱きかかえた男性に脚をかけて転ばせた様子が、撮影されていた。

ラズロ被告は、控訴する方針と話している。

イレシュ・ナナシ裁判長は、ラズロ被告の態度は「社会の規範に背くもの」だと批判し、自分を守ろうとしていたという弁護士の主張を退けた。

被告は「振り向くと、数百人がこちらに向かって突進してくるのが見えた。とてつもなく恐ろしかった」と供述していた。

セゲド地裁の公判に被告はビデオリンクで出廷し、たびたび泣き崩れた。事件以来、何度も殺すと脅され、自分への憎悪を煽る中傷運動にさらされたと被告は主張した。

右派テレビ局のN1TVは、被告が移民たちを蹴ったり転ばせたりする様子の映像がソーシャルメディアで広く拡散された後、被告を解雇した。


<用語について> BBCは、亡命申請の法的手続きを終えていない、移住中の人すべてを「移民」(migrants)と呼んでいる。この中には、戦争で引き裂かれているシリアのような国を逃れて移動し、難民認定される可能性の高い人たちも含まれる。また、各国政府に「経済移民」と分類される可能性の高い、より良い職業や生活を求めて移動している人たちも、「移民」に含まれる。

(英語記事 Hungarian camerawoman who kicked migrants sentenced

提供元:http://www.bbc.com/japanese/38606580

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る