海野素央の Love Trumps Hate

2017年1月17日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授、心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08~10年、12~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年及び12年の米大統領選挙においてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。著書に「オバマ再選の内幕―オバマ陣営を支えた日本人が語る選挙戦略」(同友館)など多数。

トランプタワー詣でをする信者の声

 観光客とみられる3人組みの中高年の白人女性がトランプタワーの1階を歩いていました。クリントン陣営に入り3300軒以上の戸別訪問をこなした経験と直観でトランプ支持者と判断し彼女たちに声をかけたのです。

トランプタワー詣でをする3人組の白人女性(筆者撮影@ニューヨークトランプタワー)

 「トランプ支持者ですか」

 「そうです」

 黒色のダウンを着て十字架のペンダントをぶら下げた白人女性が返事をしてくれました。

 「どちらの州からいらしたのですか」

 筆者の質問に同じ女性が答えてくれました。

 「アーカンソー州です」

 「どうしてトランプに投票をしたのですか」

 彼女はその理由について明確に語ってくれました。

 「私たちはアーカンソー州に住んでいますから、ヒラリーのことはよく知っています。彼女は犯罪者です。スキャンダルだらけです」

 友人とみられる紫色の服を着た女性は頷いていました。もう一人の女性も同意している様子でした。周知の通り、ビル・クリントン知事(当時)の妻であるヒラリー・クリントン前国務長官はアーカンソー州のファーストレディーでした。

 「トランプは女性蔑視の発言をしましたが、それでも彼に投票をしたのですか」

 こう質問をすると、クリントン前国務長官を犯罪者と批判した女性が反論をしてきたのです。

トランプ次期大統領や起用される閣僚を待つフォトグラファー(筆者撮影@ニューヨークトランプタワー)

「トランプは多くの女性を雇用しています。コンウェイもその一人です」

 トランプ氏は、元選対本部長ケリアン・コンウェイ氏を大統領顧問に起用しました。

 「米国とメキシコに建設する国境の壁に賛成ですか」

 この質問に関して3人の間に沈黙がありました。

 「不法移民には法を行使する必要があります」

 沈黙があった後、積極的に意見を述べる黒色のダウンを着た女性が回答しました。

 「ではトランプが提案をしたイスラム教徒の全面的な米国入国禁止には賛成ですか」

 この質問に対しては間髪を入れずに、彼女がこう主張したのです。

 「それは支持していませんが、イスラム教徒のテロリストは罰せられるべきです」

 アーカンソー州からのトランプタワー詣でをしていた3人組みの白人女性と筆者の会話はこれで終わりました。

 次に標的としたのは、トランプ支持者の合言葉となった「アメリカを再び偉大な国に取り戻す」と印刷された野球帽を被っている白人男性の若者でした。ニューヨーク在住でユダヤ系の彼は母親と一緒にトランプタワーを訪問していました。

ヒスパニック系の抗議者を囲む護衛官(筆者撮影@ニューヨークトランプタワー)

 「私は民主党支持者ですが、トランプに投票しました。トランプは親イスラエルだからです」

 彼は明確にトランプ支持の理由を述べました。

 筆者が彼の母親にトランプ氏の女性蔑視発言に関して意見を求めると、彼女は以下のように語ったのです。

 「私にとって最も重要な争点は、イスラエルの土地を守ることです」

 この母親は、明らかに一つの争点(シングルイシュー)に絞ってトランプ氏に投票していました。トランプ氏の性差別発言、人種差別発言及び保護主義的な通商政策など、選挙期間に米メディアが取り上げた争点をほとんど重視していませんでした。

関連記事

新着記事

»もっと見る