BBC News

2017年1月19日

»著者プロフィール

米航空宇宙局(NASA)などが18日発表したデータによると、2016年の世界平均気温は前年を0.07度上回り、史上最高を記録した。

上昇幅は誤差の範囲内だが、記録を更新するのは3年連続。科学者らは、南米沖の太平洋で海面水温が平年より高くなるエルニーニョ現象が影響したものの、人間活動による二酸化炭素(CO2)排出が主な要因だったと指摘した。

強いエルニーニョ現象のために16年前半は気温上昇が顕著だったことから、5月時点ですでに、NASAのギャビン・シュミット博士など主な専門家たちは16年に記録が更新されるとの予想を示していた。

記録更新により、16年の世界の平均気温は1880年以降、最も高かったことになる。

シュミット氏は今回BBCに対し、「これまで2015年が過去最高だったが、2016年がそれを上回ったことがこのほど分かった。その差は摂氏0.1~0.12度であまり大きくないように思えるが、1年の変化としては、実際はとても大きい差だ」と語った。

「記録ははっきりと出た。エルニーニョ現象でかなり暖かくなった南太平洋での変化が主な牽引(けんいん)要因だった。しかし、気温上昇のほとんどが温室効果ガスの増加によるものだという、長期的傾向も示されている」

16年の気温上昇のもう一つの要因だったのが、北極での異例な気温上昇だ。

北極海の海氷面積は昨年9月、過去2番目の低水準になった。海氷面積は毎年、秋冬に拡大し春夏に縮小する。

今回のデータを発表した世界各国の気象庁はそろって、16年の平均気温の記録更新ではエルニーニョ現象が大きな要因となったと説明した。

英気象庁はエルニーニョ現象が16年の平均気温を0.2度押し上げたと述べた。しかし、研究者らはエルニーニョ現象が相当の影響を及ぼしたものの、それがすべてではないと指摘する。

英レディング大学のエリー・ハイウッド教授は、「エルニーニョ現象の影響はかなりよく理解できているし、同じ現象は何度も起きている」とした上で、「だが、その影響を除外したとしても、2015年と16年の平均気温は過去最高になるだろう。したがって、主な要因は世界的な温暖化と温室効果だ」と語った。

多くのデータを取りまとめている世界気象機関(WMO)も、2016年の平均気温はこれまでの記録を0.07度上回ったとしている。ただし、16年に記録が更新されたと、すべてのデータが示しているわけではない。

英気象庁によると、16年の平均気温は長期的な水準を0.77度上回った(誤差は0.1度の範囲)。このため、少なくとも過去最も暖かった2年のどちらかが16年になる。

英気象庁のピーター・ストット氏は、「2016年がまたもや極端に暖かい年になったことが最終的な数字で確認された」と述べた。

16年のデータを含めると、最も気温が高かった16年のうち15年は2001年以降だったことになる。

米海洋大気局(NOAA)によると、トップ16年に含まれる唯一の20世紀の年は7位に入った1998年だという。

気温上昇がこれほどまで長期にわたって続いていることで、大きな影響が世界中に及んでいる。

WMOのペッテリ・ターラス事務局長は、「北極と南極の海氷面積でも、過去最低を記録した」と指摘し、「北極では世界平均の2倍のペースで温暖化が進んでいる。海氷の絶え間ない消滅が、世界のほかの地域の天候や気候、海水の循環パターンに影響を与えている。我々は溶けた永久凍土層からのメタン放出の可能性にも目を向けなくてはならない」と語った。

科学者や政治家たちは、産業革命以前の気温から1度以上の上昇を示す、今回のデータを非常に懸念している。

15年に開かれた気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)の「パリ協定」で合意した、気温上昇幅を産業革命から2度未満、できれば1.5度未満に収めるという目標に近付いているからだ。

米国ではトランプ政権の発足を間近に控えており、気候変動の抑制に向けた取り組みへの政治的な支援が弱まるのではないかとの懸念がある。そんなことになれば大間違いだと、科学者たちは指摘する。

ユニバーシティー・コレッジ・ロンドンのマーク・マスリン教授は、「気候変動は21世紀の大きな課題の一つで、失速する兆しはない」と話した。

「世界経済の脱炭素によって気候変動による最悪の影響を防ぐことが究極の目的だ。平均気温の記録更新は、トランプ次期大統領でも無視できない明らかな警告のサイレンだ」

研究者らは、2017年が記録を更新する可能性は低いとしながらも、過去最高の5位以内に入るだろうと予想している。

マット・グラス環境問題担当記者

(英語記事 Climate change: Data shows 2016 likely to be warmest year yet) 

提供元:http://www.bbc.com/japanese/38673337

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る