韓国の「読み方」

2017年1月24日

»著者プロフィール
著者
閉じる

澤田克己 (さわだ・かつみ)

毎日新聞記者、前ソウル支局長

1967年埼玉県生まれ。慶応義塾大法学部卒、91年毎日新聞入社。99~04年ソウル、05~09年ジュネーブに勤務し、11~15年ソウル支局。15年5月から論説委員。著書に『「脱日」する韓国』(06年、ユビキタスタジオ)、『韓国「反日」の真相』(15年、文春新書、アジア・太平洋賞特別賞)、訳書に『天国の国境を越える』(13年、東洋経済新報社)。礒﨑敦仁慶応義塾大准教授との共著『LIVE講義 北朝鮮入門』(10年、東洋経済新報社)を大幅に改訂した『新版 北朝鮮入門』(東洋経済新報社)を17年1月に刊行予定。

 困ったスタッフが「前にあった楽しかったこととかを考えて。それか、たとえば詩とか」と声をつなぐと、「宣誓」とつぶやいた8歳の少女は突然しっかりした表情に戻った。そして、「私は、偉大な金日成大元帥様が設立され、偉大な金正日大元帥様が輝かせてくださり、敬愛する金正恩元帥様が率いてくださる栄えある朝鮮少年団に入団し…」という言葉がスラスラと出てくるのだった。

 全体主義体制の恐ろしさを如実に物語るシーンであろう。

 なお、監督によると、北朝鮮は映画の公開阻止に失敗するや、ジンミを「幸せに暮らす少女」に祭り上げることにしたようだ。この映画に描かれた不幸な少女は「悪意に満ちた嘘」であることを証明しようというのだろう。ということで、ジンミ一家は今も平穏に暮らしているという。ただし、撮影を許可したり、現地での監視に失敗したりした関係者は厳しく責任を問われたのではないだろうか。その点は気がかりである。

 シネマート新宿とシネマート心斎橋で1月21日から上映中。他の都市での上映予定は、『太陽の下で』公式サイトで見ることができる。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

 

筆者の新刊(2016年1月刊行)。礒﨑敦仁・慶応大准教授との共著で2010年に出版した「LIVE講義 北朝鮮入門」を全面改訂し、金正恩時代の北朝鮮像を描く。核・ミサイル開発などの最新データを収録。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る