BBC News

2017年1月28日

»著者プロフィール

ドナルド・トランプ米大統領とテリーザ・メイ英首相27日、北大西洋条約機構(NATO)を今後も重視していくと表明した。トランプ大統領にとって初の外国首脳との会談をホワイトハウスで行った後、記者会見で述べた。

トランプ氏はこれまでNATOは時代遅れだと発言してきたが、メイ首相はこの日の会見で、トランプ氏は「100%」NATOを支持していると言明した。

両首脳はさらに、貿易協定の取りまとめに向けて協力していく方針を表明。メイ首相は、英米貿易協定は「両国の国益にかなう」ものだと述べた。

トランプ氏は「両国と両国の国民にとって、素晴らしい日々が待っている」と話した。

英国は欧州連合(EU)離脱手続きが終わるまでは米国との協定交渉に入れない。しかしトランプ氏は、EU離脱が済み次第「すぐに」合意したいと述べた。

メイ首相によると、エリザベス女王は今年中に国賓としてトランプ氏を迎えたいと招待し、トランプ氏はこれに応じたという。

28日に予定されるロシアのプーチン大統領との電話会談をめぐり、ロシア制裁を解除するのではないかとの指摘について質問されたトランプ氏は、「その話題はまだ早すぎる」と答えた。

トランプ氏はさらに、ロシアは中国などと「すごくいい関係」を保つことは、「悪いことではなく、良いことだ」と述べた。

一方でメイ首相は、EUの対ロ制裁は堅持すべきだと言明。「(ウクライナ停戦合意の)ミンスク協定の完全履行を求めていると、態度を明示してきた」と首相は述べ、これが実現するまで制裁は続くと強調した。

尋問手法として水責めには効果があると発言したトランプ氏は、ジェイムズ・マティス国防長官は水責めの有効性を「必ずしも信じていない」と認めた。その上で、「自分は(長官に)必ずしも同意しない」ものの、尋問に水責めを復活させるかどうかは長官の判断を仰ぐと答えた。

英首相とは気が合ったかどうか尋ねられると、トランプ氏は「みんなが思うほど僕はがさつじゃないから」と笑って答えた。

メイ首相は、自分たちはお互いに「普通の人たちの利益」を最優先させるという意味で政治手法が同じだと発言。長年続く米英の「特別な関係」は健在だと強調した。

首脳会談に先立ち、両首脳はホワイトハウスの執務室に置かれたウィンストン・チャーチル元英首相の胸像の前で記念撮影した。

チャーチル首相の胸像はオバマ政権時代には執務室の外に置かれていたが、トランプ大統領が執務室に戻させた。

大統領は、執務室に戻すことができて「非常に光栄だ」と述べ、首相は「ありがとうございます。また戻してくれて嬉しいです」とほほ笑んだ。


<解説> ローラ・クンスバーグBBC政治編集長

親密な関係を演出するのが狙いだったなら、ドナルド・トランプ氏と手に手をとったテリーザ・メイ氏の姿ほど、英首相官邸に好都合なものはなかった。

政府筋は、NATOを100%支持するという言質を首相が大統領から引き出したことに大喜びだった。熟練の政治家が華やかな新人と並ぶ姿も、英政府筋は歓迎していた。

それが誰だろうと、英首相と米大統領の関係は常に重要だ。しかし英国が欧州と距離を置こうとしている今、大西洋を挟んだ両国関係は一層重要になる。

メイ首相が同じ場にいることで、トランプ大統領はふだんよりも自分を抑えているように見えた。もしかすると首相は、無軌道な大統領に自分なら良い影響を与えらえるというイメージを狙っているのだろうか。

それはかなり危険な綱渡りだ。トランプ大統領に自分の政治生命を預けて、その「驚異的な勝利」を称賛するのは、トランプ氏が大統領として大失敗しないと見込んでの賭けに等しい。トランプ氏の主義主張を懸念する英国市民は、自分がトランプ氏に近づいても反発しない――そう見込んでの賭けでもある。

米国大統領と良好な関係をあえて築こうとしない英国首相など、常軌を逸している。しかしメイ首相を迎えたのは、かつてないタイプの大統領だ。この新しい政治的友情は、彼女にもまたかつてないプレッシャーをかけるのかもしれない。


(英語記事 Theresa May visit: UK and US 'committed' to Nato

提供元:http://www.bbc.com/japanese/38780962

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る