書籍詳細

評伝 森恪──日中対立の焦点
小山俊樹 著

目次
立ち読み

 

「東洋のセシル=ローズ」と称された、政治家・実業家の森恪の生涯
森恪とは何者か?
総理大臣はもちろん、ただの一度も大臣にさえなっていない。実業家を経て政治家になり、日本の対中国政策の中枢に関与。そのなかで軍部と提携を深め、山東出兵・満州事変を推進し、満洲国の建国を支えた。また、いまも五一五事件への関与をささやかれている人物でもある。森の生涯は50年で閉じるが、日露戦争から満州事変にいたる近代日本の歩み、そして日本と中国の関係と切り離すことのできない、大きな存在だったのだ。
「彼はいつも時代の半歩先を駆けていた」と評されたように、情勢を読み、努力を積み、積極果敢に行動した。他人の躊躇うことに価値を見出し、敢えて挑戦する精神を持っていた。その人生はどのようなものだったか……。

>>Amazonで購入する

>>紀伊國屋書店ウェブストアで購入する

>>セブンネットで購入する

>>楽天ブックスで購入する

>>hontoで購入する

<書籍データ>
◇四六判上製 452ページ
◇定価:本体2,700円+税
◇2017年2月20日頃発売
◇ISBN: 978-4-86310-175-3

<著者プロフィール>
帝京大学文学部史学科准教授。1976年広島県生まれ。京都大学文学部卒業。京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程修了。京都大学博士(人間・環境学)。立命館大学文学部講師等を経て現職。専門は、日本近現代史。著書に『憲政常道と政党政治──近代日本二大政党制の構想と挫折』(思文閣出版)、共著に『昭和史講義』『昭和史講義2』(ちくま新書)等がある。

 


 

評伝 森恪──日中対立の焦点

※下記のサイトでこの本を購入することができます。

Wedge最新号のご案内
2017年4月号

2017年4月号(3月20日発売)

特集
さらば生産性後進国 解は効率化の先にある

»詳細を見る

ひととき最新号のご案内
2017年4月号

2017年4月号

特集
行きついた仙郷─ 尾崎放哉の小豆島

»詳細を見る

WEDGEInfinity へ
「ウェッジの書籍」の内容は、WEBマガジン「WEDGEInfinity」にて一部を読むことができます。