BBC News

2017年2月20日

»著者プロフィール

ドナルド・トランプ米大統領は19日、南部フロリダ州で18日に開いた集会で、スウェーデンで前日にテロ事件が起きたと発言したことをめぐり、テレビで放送された内容を語っていた、と釈明した。スウェーデン政府は、テロ事件は当日起きていなかったとして、ホワイトハウスに説明を求めていた。

トランプ氏は集会で、テロ攻撃に遭った欧州各地の名前を挙げるなかで、「スウェーデンできのうの夜起きていたことを考えてみてほしい」と述べた。

トランプ氏は19日のツイートで、「スウェーデンで起きていることに関する私の発言は、移民とスウェーデンについてフォックス・ニュースが放送した内容に触れたものだ」と述べた。

フォックス・ニュースの番組は、2013年に大量の移民受け入れを始めたスウェーデンでの、銃を使った暴力やレイプ事件を検証していた。

フォックス・ニュースは、トランプ氏が好んで視聴するケーブルテレビのチャンネルの一つとして知られる。

ホワイトハウスのサラ・ハッカビー・サンダース広報官は、トランプ氏が何か特定の事件について触れていたのではなく、一般的な犯罪増加や最近の出来事について述べていたと説明した。

スウェーデンのカール・ビルト元首相はツイッターで、トランプ氏が「何か吸っていた」のではないかと述べ、トランプ氏の発言を揶揄した。

トランプ氏はフロリダ州での集会で、「ドイツで起きていることを考えてみてほしい。スウェーデンできのうの夜起きていたことを考えてみてほしい」と語った。

「スウェーデン、誰が信じるだろう。スウェーデンですよ。たくさん(の移民を)受け入れた。思ってもみなかったような問題が起きている。ブリュッセルで起きていることを考えてみてほしい。世界で起きていることを考えてみてほしい。ニースもそう。パリもそうだ」

17日にスウェーデンでテロ事件が起きたという情報はない。

スウェ―デンのアフトンブラーデット紙のウェブサイトは、17日の主なニュースとして以下の5つを挙げた。

・ストックホルム中心部の広場で男性が自分の体に火をつけた

・人気歌手のオベ・ソーンクウィスト氏のリハーサルで技術的問題が起きた

・職場の事故で男性が死亡

・「悪天候」のためスウェーデン北部で道路が封鎖された

・飲酒運転の摘発でパトカーがストックホルム中心部でカーチェイス

人口約950万人のスウェーデンは近年、20万人近くの難民・移民を受け入れており、国民1人当たりの受け入れ数は欧州で最も高い。

2015年に難民申請者が急増。16万人以上が到着した。国内で移民受け入れをめぐる議論が激しくなっており、賛成反対の両方でデモが行われたほか、移民を攻撃する事件も一部に起きている。

2016年1月には、難民申請者が受け入れ施設で働いていた22歳の女性職員を殺害した事件を受け、政府が難民政策を見直すよう圧力が高まった。

政府が昨年、国境での審査を強化したことで、入国に時間がかかるようになったほか、母国に自らの意思で戻る人に対する財政支援を導入して以来、移民の数は減少した。

スウェーデンが移民に対する門戸開放政策を開始した2013年以降で、同国でテロ攻撃が起きたという記録はない。

一方で、国内にいる過激派組織のいわゆる「イスラム国」(IS)の元戦闘員の人口当たりの比率は、欧州で最も高いとみられている。シリアやイラクに行った300人のうち約140人が帰国しており、政府は社会復帰に向けた方策に苦慮している。

(英語記事 Trump tries to fend off speech ridicule

提供元:http://www.bbc.com/japanese/39024414

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る