前向き女性になれる やわらかライフ&やわらかマネー

2017年2月24日

»著者プロフィール
閉じる

加藤梨里 (かとう・りり)

ファイナンシャルプランナー

慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科特任助教。2011年3月慶應義塾大学大学院修了。保険会社、信託銀行を経て、ファイナンシャルプランナー会社にてマネーのご相談、セミナー講師などを経験。2014年に独立し「マネーステップオフィス」を設立。専門は保険、ライフプラン、節約、資産運用など。大学では健康増進について研究活動を行っており、認知症予防、介護予防の観点からのライフプランの考え方、健康管理を兼ねた家計管理、健康経営に関わるコンサルティングも行っている。

初デートと付き合ってからのデートでは「お金の意味」が違う

 そもそも、デートで「おごる」のにはどんな意味があるのでしょうか? 多くの場合は、相手に好意を持ってもらうために自分を演出する効果があると思います。時間を作って会ってくれた相手に対する感謝の気持ちや、ある程度の経済力を表すことができるでしょう。あるいは、単純に見栄やプライドのためにおごることもありますが、その場合も「自分を良く見せる」ためにしていることに違いありません。初めてのデートでは、いかに自分をよく見せるかが勝負を分けます。このため、初デートでは誘った側がおごることが多いですよね。

 これとは対照的に、ある程度ふたりの関係性ができ上がった後のデートは、より深くお互いを知り、関係性を深めることが目的になります。無理に背伸びをして自分をよく見せるよりも、素の自分を相手に見せることが多くなります。特に結婚を考える年齢になってからのお付き合いでは、自然体でいられることが重要なポイントになり、カッコつけ続けなければならない関係性は長続きしません。デートといっても、初デートとお付き合いをしてからのデートでは意味が違うわけです。

 ですから、デートで使うお金の出し方も自然と変わってきます。食事はちょっとリッチなレストランからファミレスや家飲みになり、おでかけはテーマパークからカラオケになり、ランクダウンすることが多いでしょう。女性側からすると、「初めは良いところに連れていってくれていたのに、付き合ったら手抜きされている。」と感じるかもしれません。

 ですが、実はこの変化がとても重要です。デートを重ねるたびに行く場所や食べるものの趣向が変わってきたら、それが彼の素の姿です。そこでのお金の出し方、使い方が、彼の金銭感覚です。もし彼との結婚を望むなら、ときめくデートを望むのもよいですが、冷静に「彼との生活」をイメージできるヒントを探しましょう。

 逆に、もしも彼のほうもあなたとの結婚を意識しているなら、デートでのお金に対するあなたの姿勢を見ているはずです。いつもリッチでおしゃれなレストランじゃなきゃ嫌、お代は彼持ちで当たり前というような態度をとっていると、結婚には後ろ向きになってしまうかもしれません。もちろん経済的にゆとりがあり、「結婚したら俺が養う!」と考える男性ならそれでもよいでしょう。ですが、結婚相手とは肩ひじ張らずにリラックスして過ごしたいと思う男性なら、居心地が悪いと感じられる恐れがあります。

関連記事

新着記事

»もっと見る