BBC News

2017年2月21日

»著者プロフィール
カナダ人のドナ・ペナーさんは、自分が受ける腹部の手術について楽観していた―—執刀医による最初の切開直前に、目を覚ますまでは。麻酔が効いていない状態で手術を受けるという、拷問のような痛みを生き延びた経験について、ペナーさんが語る。

 

この記事は、公開期間が終了しました。


以下のリンクにて、記事の本文をご覧いただけます。
(※「BBC NEWS JAPANのサイトが開きます。)
http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-39036743

 

 

関連記事

新着記事

»もっと見る