BBC News

2017年2月28日

»著者プロフィール

英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)に関する英国内での議論は、EU域内から英国に移住した人たちの権利に集中しているが、その移住者の中には、30万人ほどのドイツ人が含まれる。多くが、ブレグジット後に自分たちはどうなってしまうのかと心配している。しかしドイツ在住の英国人10万人はどう感じているだろうか? BBCのデミアン・マクギネス記者によると、多くの人が市民権の申請を急いでいるという。

---

「それで、あなたはいつドイツ人になるの?」 これは最近、私が英国人の友人とここベルリンで雑談している時に、どうやら必ず聞かれる質問のひとつだ。ほとんどが、ドイツの市民権を申請中か、申請資格を得られるのに十分な滞在期間を満たすまでの日数を指折り数えている人たちだ。

なぜなら、英国がEUを離脱した後、自分たちの身に何が起こるか分からないからだ。この人たちは、タブロイド紙が想像で作り上げた、片方の手にはジンが入ったグラス、もう片方の手にはゴルフクラブを持って太陽の下で贅沢に暮らす、日焼けした「海外駐在員」ではない。もしビザが必要となるようなら仕事がなくなると心配している、若いフリーランサーたちだ。または、どんどん価値が下がるポンド建ての年金の固定収入で食いつなぐ、賃貸の集合住宅で暮らしている年金生活者だ。

エスメさんは、誰よりも準備を怠らない人物だった。ブレグジットを問う国民投票の前の週には、ドイツ当局との最初の予約をすでに取り付けていた。市民権取得試験を受け、必要書類をすべて提出。そして数週間前、ベルリンでエスメさんが住んでいるノイケルン区の区役所で儀式を受け、ドイツ人になった。

エスメさんが驚いたのは、ドイツ人になることに自分の感情がいかに揺さぶられたかということだった。シリア人、米国人、イラク人、トルコ人、イタリア人、フランス人など、22カ国のさまざまな国籍の人たち50人ほどが、ドイツ市民権を付与された。英国人はエスメさん以外にもあと数人いた。

地元の区長が、「Heimat」つまり故郷の意味について語り、みんなを歓迎するあいさつをした。区長がドイツ憲法を引用し、性別や出生、民族を問わずすべての人が平等だと話した時、エスメさんは自分の目に涙が溢れてくるのを感じた。

会場にいた人たちの出身国である22カ国の国家を、チェロ奏者とピアノ奏者が2人で奏でた頃までには、彼女はほとんど泣き出していた。そしてついに歌手が登場して「欧州の歌」つまりベートーベンの「歓喜の歌」を感動的に歌い上げた頃には、エスメさんは大泣き状態だった。

普段は国旗を振ることにも非常に懐疑的な、純然たるリベラル主義者にしては相当なことだ。

「ここまで、みんながどんな道筋をたどってきたんだろうって考えたから」だと、エスメさんは後で説明してくれた。「人々が逃げてきた戦争。そしてその人たちが、ドイツで新しい暮らしを始めようとしてきた努力」について考えたのだと。中には、ドイツ憲法への忠誠宣誓をこの儀式のために暗記してきた人もいた。エスメさんは、このことで自分自身の心配事を大局的に考えられたという。

ドイツ人になろうという多くの英国人にとっても恐らくそうだが、ビザやパスポートの実用面からの決断として始まったことが、思いもかけず、アイデンティティという、ずっと深い疑問をエスメさんに投げかけた。実際に、ドイツ人と英国人の両方でいることなどできるのだろうか? そしてドイツ人でいるとは、本当は一体何を意味するのだろうか?

ついこの前まで、自分はドイツ人になるのだと他の英国人に話そうものなら、ナチスの話や、ドイツ人はタオルでデッキチェアを占領するんだなどという、使い古されたジョークを言われるのがほぼお決まりだった。そして、英国の報道の中にはそんなありふれた表現をいまだに見出しに使っているものもあるかもしれないし、ブレグジットの協議がもっと酷い状況になればそういったものをさらにいくつか目にすることになると思うが、今の現代ドイツは、国際的で、民主的で、移民に対してオープンな、寛容な価値観の拠り所としてみられることの方が多い。

当然ながら、非常に多くの外国人を受け入れるというアンゲラ・メルケル首相の決定を批判する人は、ドイツの国内にも国外にも存在する。しかし新たに誕生した、自らが移民である英国系ドイツ人にとっては、外国人を歓迎してくれる国は魅力的だ。

実際のところ、「〜系ドイツ人」というのは、ここでは比較的新しい概念だ。ドイツ人のアイデンティティとは伝統的に、出生地よりも血統に関わる民族的な考え方だったからだ。そのため、人は複数の層からなるアイデンティティを持ち、出身国とは別の市民権を持ち得るのだという考えを受け入れるのは、英国や米国の方が得意だと感じられたものだった。

しかしドイツはここ数十年で、ドイツ人であるとは何を意味するかを再定義する難しい過程を通過し、再定義はほぼ成功したと言っていいだろう。アンゲラ・メルケル氏は今や、ドイツを「移民の国」と表現している。中道右派の首相によるものとは、つい最近まで考えられなかった発言だ。今日のドイツ人は、20%が移民の背景を持っていると表現される。

ブレグジットの英国、トランプ氏の米国は一方で、逆の方向へと向かっているように思える。少なくとも、ここドイツからはそのようにみえるのだ。

私はどうかと言えば、私自身の市民権の状況は官僚的な混乱の中にある。転々としすぎたという自分自身の過ちには違いないが、グローバル化が進む世界で成長した私は、パスポートや国境、そして市民権の概念というのは、その重要性を失いつつあると考えていた。

しかし、ある日突然不法在留外国人になってしまうことを避けるべく、私はこれまで耳にしたこともないような書類をかき集めながら、そうした自分の考えが間違っていたことを、今理解できるのだった。

(英語記事 The Brits hurrying to become German citizens

提供元:http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-39101648

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る