韓国の「読み方」

2017年3月6日

»著者プロフィール
著者
閉じる

澤田克己 (さわだ・かつみ)

毎日新聞記者、元ソウル支局長

1967年埼玉県生まれ。慶応義塾大法学部卒、91年毎日新聞入社。99~04年ソウル、05~09年ジュネーブに勤務し、11~15年ソウル支局。15~18年論説委員(朝鮮半島担当)。18年4月から外信部長。著書に『「脱日」する韓国』(06年、ユビキタスタジオ)、『韓国「反日」の真相』(15年、文春新書、アジア・太平洋賞特別賞)、『韓国新大統領 文在寅とは何者か』(17年、祥伝社)、『新版 北朝鮮入門』(17年、東洋経済新報社、礒﨑敦仁慶応義塾大准教授との共著)など。訳書に『天国の国境を越える』(13年、東洋経済新報社)。

周囲の反応を気にする脱北者たち

 脱北者の証言はオーバーなものになることが多い。証言を重ねるたびに細かい部分で食い違いを見せたり、あるいはディテールがどんどん肉付けされたりしていくこともある。

 平岩俊司・関西学院大教授は、坂井隆・元公安調査庁調査第2部長との対談をまとめた共著『独裁国家・北朝鮮の実像』(朝日新聞出版)で、「北朝鮮では人肉が市場に出回っている」という話が出た時に「自分も食べた」と証言した脱北者の話を紹介している。関係者が後で確認すると、この脱北者は実際にはそうした話を聞いたことがあるだけ。「インパクトがあると思った」ので、自分も食べたと話したということだった。

 坂井氏は「サービス精神なんだ(笑)」と受けているが、まさにそうなのだろう。自らの生まれ育った体制を裏切って韓国に来ているという境遇は、心細いもののはずだ。どうしても周囲の反応を気にせざるをえないのは、人間として当然だろう。だから周囲の期待に応えようと、ついオーバーな話にしてしまうことがある。それを、私たちが簡単に批判できるものだろうか。

 テ・ヨンホ元公使の証言にしても、礒﨑准教授の指摘するように信頼度の高そうな部分はある。大事なのは、彼らの証言を聞く側の姿勢だ。礒﨑准教授は「彼の証言には参考となるものも多いが、金正恩委員長に関する情報など現段階でクロスチェックが難しい情報は慎重に接するべきだろう」と話す。面白いからと飛びつくと、やけどするのが落ちである。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

筆者の新刊(2017年1月13日刊行)。礒﨑敦仁・慶応大准教授との共著で2010年に出版した「LIVE講義 北朝鮮入門」を全面改訂し、金正恩時代の北朝鮮像を描く。核・ミサイル開発などの最新データを収録。

関連記事

新着記事

»もっと見る