それは“戦力外通告”を告げる電話だった

2017年3月15日

»著者プロフィール
著者
閉じる

高森勇旗 (たかもり・ゆうき)

元プロ野球選手

1988年生まれ。富山県高岡市出身。中京高校から2006年横浜ベイスターズに高校生ドラフト4位で入団。田中将大、坂本勇人、梶谷隆幸やと同学年。12年戦力外通告を受けて引退。ライター、アナリスト、マネジメントコーチなど引退後の仕事は多岐にわたる。

 1軍で活躍し始めた時も、球団から新幹線グリーン車のチケットを支給されるも、席が空いていなかったという理由で、車両の間のデッキに立ったまま移動したこともある。井川には、「特別な」何かはない。様々な意思決定は、井川の中だけに流れる時間、価値観によって行われていることを証明しているかのようである。

 2000年オフ。当時、阪神の左腕の柱であった湯舟敏郎がトレードで移籍。これにより、井川は左投手の先発第一候補となった。

 「なんで左投手の補強をしないんだろうって思ってた。『あれ、これは俺がやんなきゃマズイな』って気づいて、スイッチが入った」

 独特のスイッチの入り方ではあるが、この翌年から井川の成績は急上昇する。01年は防御率2・67で2位となり、02年は14勝を挙げ、206奪三振で最多奪三振のタイトルを獲得。03年には20勝を挙げてチームを18年ぶりのリーグ優勝に導いた。押しも押されもせぬ阪神のエース。そんな周囲の過熱ぶりとは裏腹に、活躍するほど井川の心は冷静になっていた。

 「メンバーも特に変わらない中で、どこにどのくらいの力で投げればどうなるか、大体分かってきた」

 そのレベルでプレーする人間にしか分からぬ世界は、「わざと打たれそうなところに投げてみたくなる」という〝高貴な遊戯〟とも言える領域に達した。井川の目がアメリカに向くのは必然だった。

 「どんなレベルで勝負しているんだろう。彼らはきっと、日々激しいトレーニングをしているに違いない」

 井川のトレーニングは激しさを増した。エースという立場ながら、シーズン中に休むことはなかった。06年12月、ニューヨーク・ヤンキースと契約し、海を渡った。

 初のメジャーキャンプ。井川は不自由さを感じていた。

 「『巨額の契約をしているんだから、こっちの言うことを聞いてくれ』と、投げ込みを禁止された。隠れて壁に向かって投げていたら、見つかってやめさせられる。調整が難しかった」

 メジャーで結果の出ない井川は、マイナーに降格する。2年目の08年にはマイナーで14勝を挙げるなど、「他球団に出れば活躍できる」と評価され、トレードの話は絶えなかったが、高額の契約がネックとなり移籍が実現することはなかった。当時、キャッシュマンGMからは、「中継ぎならメジャーの道もある」、「サイドスローにするなら、チャンスは与える」と直接言われたが、井川は先発にこだわった。

 「自分の良さは先発でこそ生きる。今から横投げにしても、元々横投げの人には敵わない。自分に与えられたフィールドで、結果を出すだけ」

 09年、井川はヤンキース傘下のAAAのチームで、当時の歴代球団最多勝記録を塗り替える27勝目を記録した。それでも、メジャーから声がかかることはなかった。

 12年。5年の契約が満了し、井川は日本球界に復帰した。

 「アメリカでの5年は無駄ではなかった。与えられた場所で常に結果を残すことを考え、様々な勉強もできた」

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る