BBC News

2017年3月10日

»著者プロフィール

弾劾裁判が行われていた韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は10日、憲法裁判所が罷免が妥当だとする判断を下したことを受け、ただちに失職した。同国で民主的に選ばれた大統領が罷免されるのは初めて。

憲法裁判所は全会一致で国会による弾劾要求を支持した。

朴氏に対しては、国政への不当介入などの容疑がかけられている友人の崔順実(チェ・スンシル)被告の一連の事件への関与が疑われている。

朴氏は失職によって免責特権がなくなり、当局の捜査を受ける可能性がある。

憲法裁の周辺には朴氏の支持者らが集まり、裁判所の判断に対する激しい抗議デモを行った。警察によると、デモの最中に2人が死亡した。

聯合ニュースによると、そのうちの1人は、拡声器の下敷きになって死亡。もう1人は警察のワゴン車の上から落ちた高齢男性だという。

朴氏の汚職疑惑をめぐっては、国内で何カ月にもわたって抗議デモが行われていた。

昨年12月に国会が弾劾要求を可決したことを受けて、朴氏は職務権限を停止され、黄教安(ファン・ギョアン)首相が代行していた。

繰り上げ実施される大統領選は5月上旬になる見通し。

崔被告に対しては、政府による優遇と引き替えに大手企業に資金提供を求めていた疑いがかけられている。朴氏は親しい友人の崔被告と共謀した疑惑がある。一方で朴大統領と崔順実被告は、不正行為を否定している。

失職の理由

憲法裁判所の裁判官8人は、弾劾要求に関連したいくつかの疑惑について審理した後、罷免が妥当と判断した。

裁判官らは、朴氏が崔氏の国政関与を許して法に違反したと判断を示し、政府文書を崔氏に見せたことで機密に関する規定に違反したと認めた。

憲法裁判所の李貞美(イ・ジョンミ)裁判官(所長権限代行)は、朴氏の行動によって「民主主義と法の支配(中略)の精神が大きく損なわれた」と述べた。

同裁判官はさらに、朴氏が「崔氏の国政介入を完全に隠匿しようとし、疑惑が浮上するたびにこれを否定した上で、疑いを指摘した人々を批判さえした」と指摘した。

一方で憲法裁判所は、報道関係者のブラックリストを作成し、言論の自由の原則を破ったとされる事案や、2014年の旅客船セウォル号の沈没事件で不作為があったとの事案は認定しなかった。

今後の展開

大統領罷免がもたらす影響は依然として不明なことも多い。

朴氏が刑事捜査を受ける可能性に加えて、崔氏の裁判が続いている。韓国最大の財閥サムスングループの事実上トップ、李在鎔(イ・ジェヨン)被告も事件に関連して、贈賄など一連の容疑に問われている。

アナリストらは、過去何カ月か続いた抗議デモは、財閥と政治家たちの癒着を終わらせる必要性を浮き彫りにしたと指摘した。

しかし、韓国社会の意見は大きく分かれる。年長の保守支持者は朴氏を依然として支持する一方、若い世代のリベラル支持者は朴氏が象徴するような政治スタイルに強く反対する。

新たな選挙は韓国の政治の様相を一変させる可能性がある。米政府は朴氏の罷免を受けてただちに、新しい大統領と「生産的な関係」を築くのを楽しみしていると述べ、「ゆるぎない同盟」に変わりはないと約束した。

(英語記事 South Korean court upholds Park impeachment

提供元:http://www.bbc.com/japanese/39227380

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る