使えない上司・使えない部下

2017年3月22日

»著者プロフィール
閉じる

吉田典史 (よしだ・のりふみ)

ジャーナリスト・記者・ライター

ジャーナリスト。1967年、岐阜県大垣市生まれ。2006 年から、フリー。
主に、人事・労務分野で取材・執筆・編集を続ける。『悶える職場』(光文社)、
震災死』『あの日、「負け組社員」になった…―他人事ではない“会社の落とし穴”の避け方・埋め方・逃れ方』(ダイヤモンド社)『封印された震災死』(世界文化社)など。

 上司のことを「使えない上司」と陰で言う人もいますね。知人が経営する会社では、ある社員が退職する寸前に「上司の心配りと仕事のレベルが低いから、他社に移る」と言っていたようです。知人から聞く限りでは、その社員本人は仕事ができると思っていても、たいしたレベルではなかったそうです。

職場で絶対の正義なんてない

 上司の側にも問題があったのかもしれないし、その社員も「自分の言い分だけが正しい」と思い込んでいたのかもしれません。職場で絶対の正義なんてありませんよ。

 オールマイティーの人はいません。上司が、1つの仕事のレベルが部下であったその社員よりも劣っていたとしても、ほかの仕事で補っていたかもしれません。人格などが、管理職にふさわしい人であったのかもしれません。部下ならば、もっと広い視野で上司を見ることが大切ですね。

 上司と部下が互いに「使える、使えない」とレッテルを貼るのは、つまりは、人間関係に問題があるのです。人間関係の中枢は、「謙虚さ」と「初心の心」、そして「respect each other」です。このフィロソフィーがないと、いい仕事はできないと思いますね。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る