BBC News

2017年3月21日

»著者プロフィール

米国は、中東や北アフリカの8カ国から米国に向かう旅客機で、ラップトップやタブレット端末など電子機器の機内持ち込みを禁止すると発表した。

政府関係者はBBCに対し、9つの航空会社が運営する10の空港から出発する便が対象になると語った。

米メディアによると、海外で入手した機密情報が今回の決定のきっかけになった。禁止されるのは、ラップトップやタブレット端末、カメラ、DVDプレーヤー、ゲーム機などで、スマートフォンなど携帯電話よりも大型の電子機器が対象だという。

国土安全保障省(DHS)はコメントを控えたが、21日に正式な発表がある見通し。DHSの部局、運輸保安局(TSA)もコメントしなかった。

米CNNによると、ロイヤル・ヨルダン航空が20日に、北米便の乗客に対してほとんどの電子機器の機内持ち込みが禁止されるとツイートした。ツイートはその後、削除されている。

同航空は、21日以降は電子機器のうち携帯電話と医療機器のみが機内持ち込みを許されることになると説明。そのほかについては「厳禁される」と述べた。ラップトップなどは今後、預け荷物に入れるよう求めた。

新たな規定は、ロイヤル・ヨルダン航空のニューヨーク、シカゴ、デトロイト、モントリオールの各都市に向かう便に適用される。

米連邦議会のある議員補佐官はAP通信に対し、ジョン・ケリー国土安全保障長官が週末、機内持ち込み禁止のきっかけになった渡航に関する安全問題について説明するため、議員らに電話連絡をしていた、と語った。

米メディアによると、電子機器を禁じる規定は数週間前から検討されていたという。

(英語記事 US to ban laptops and tablets on flights from eight countries

提供元:http://www.bbc.com/japanese/39335978

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る