BBC News

2017年3月27日

»著者プロフィール
イラク北部モスルで多数の市民が爆撃の犠牲になったとの報告に国連などが懸念を示している問題で、米軍主導の有志連合による17日の空爆が原因とする情報にイラク軍は、過激派勢力のいわゆる「イスラム国」(IS)が仕掛けた爆弾が原因だと反論している。

 

この記事は、公開期間が終了しました。


以下のリンクにて、記事の本文をご覧いただけます。
(※「BBC NEWS JAPANのサイトが開きます。)
http://www.bbc.com/japanese/39402204

 

 

関連記事

新着記事

»もっと見る