地域再生のキーワード

2017年11月5日

»著者プロフィール
閉じる

磯山友幸 (いそやま・ともゆき)

経済ジャーナリスト

1962年東京生まれ。1987年早稲田大学政治経済学部卒業。日本経済新聞で証券部記者、同部次長、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、「日経ビジネス」副編集長・編集委員などを務め、2011年3月末で退社、独立。現在、経済政策を中心に政・財・官を幅広く取材、各種メディアに執筆するほか、講演やテレビ出演、勉強会の主宰など幅広く活躍している。オフィシャルHP(http://isoyamatomoyuki.com/)

著書に『2022年、「働き方」はこうなる』(PHPビジネス新書)、『理と情の狭間 大塚家具から考えるコーポレートガバナンス』(日経BP)、『国際会計基準戦争 完結編』(日系BP)、『ブランド王国スイスの秘密』(日経BP)など。共著に『オリンパス症候群 自壊する「日本型」株式会社』(平凡社)、『株主の反乱』(日本経済新聞社)などがある。

早稲田大学政治経済学術院(大学院)非常勤講師、上智大学非常勤講師。ボーイスカウト日本連盟理事。静岡県ふじのくにづくりリーディングアドバイザーも務める。

日経ビジネスオンライン(日経BP)、現代ビジネス(講談社)、フォーサイト(新潮社)、月刊 WEDGE(ウェッジ)、月刊 エルネオス(エルネオス出版)、フジサンケイビジネスアイ(産経新聞社)などに連載コラムなどを持ち、定期執筆している。

 神奈川県茅ケ崎市にある浜見平団地。湘南の海岸線にほど近い、いわゆる公団住宅である。築50年を迎えて老朽化が進んだ住宅棟は、現在、建て替えが進んでいる。

 そんなシャッター商店街の一角に、昨年、一風変わった店舗が誕生した。

「ローカルファースト」ショップの前で。 淺野真澄さん(中央)と、協力者のママさん、お客さんたち

 そんな中で最後に残ったコンクリート造りの一棟は、1階に商店が並ぶ構造だが、いずれやってくる取り壊しに向けて移転するなど、櫛の歯状にシャッターが降りている。

冊子「ローカルファーストジャーナル」

 「Local First(ローカルファースト)」

 地域の人たちが手作りした小物や、不要になったリサイクル品を販売する。店頭はカラフルでオシャレ。取材当日もハロウィンを控えて、オレンジ色のお化けかぼちゃのオーナメントが天井いっぱいにつりさげられていた。明るく開放的なため、誰でも気軽に入れるムードにあふれている。

 この店を切り盛りするのは淺野真澄さん。地域で活動する「ローカルファースト研究会」の代表を務める。

100人のママの声を聞く

 ローカルファーストという概念は、地域資源を掘り起こして、地域のモノを優先することで、地域経済の活性化を図ろうというもの。

茅ヶ崎市浜見平地区:周辺は湘南海岸などの豊かな自然環境に恵まれる。昭和30年代後半に日本住宅公団(現・都市再生機構)により大規模賃貸住宅団地が建設された

 研究会では、年2回のシンポジウム、機関誌『ローカルファーストジャーナル』の発行、子供向け教材の作成などを行っているが、それだけでは満足できない。実際にローカルファーストを実践する場を作ろうと考えたのだという。

「どうやって主婦にアプローチするかを考えたんです。財布を握っているのは女性ですから、ママたちに支持されないと成功しません」 「空き店舗プロジェクト」と名付けて地域のシャッター商店街を探した結果、浜見平商店会にたどり着いたのだ。浜見平団地は高齢者世帯が多いものの、建て替えによって若い子連れ世帯も増えていた。もちろん初めからリサイクルショップを開こうと決めていたわけではない。

 

関連記事

新着記事

»もっと見る