地域再生のキーワード

2017年11月5日

»著者プロフィール
閉じる

磯山友幸 (いそやま・ともゆき)

経済ジャーナリスト

1962年東京生まれ。1987年早稲田大学政治経済学部卒業。日本経済新聞で証券部記者、同部次長、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、「日経ビジネス」副編集長・編集委員などを務め、2011年3月末で退社、独立。現在、経済政策を中心に政・財・官を幅広く取材、各種メディアに執筆するほか、講演やテレビ出演、勉強会の主宰など幅広く活躍している。オフィシャルHP(http://isoyamatomoyuki.com/)

著書に『2022年、「働き方」はこうなる』(PHPビジネス新書)、『理と情の狭間 大塚家具から考えるコーポレートガバナンス』(日経BP)、『国際会計基準戦争 完結編』(日系BP)、『ブランド王国スイスの秘密』(日経BP)など。共著に『オリンパス症候群 自壊する「日本型」株式会社』(平凡社)、『株主の反乱』(日本経済新聞社)などがある。

早稲田大学政治経済学術院(大学院)非常勤講師、上智大学非常勤講師。ボーイスカウト日本連盟理事。静岡県ふじのくにづくりリーディングアドバイザーも務める。

日経ビジネスオンライン(日経BP)、現代ビジネス(講談社)、フォーサイト(新潮社)、月刊 WEDGE(ウェッジ)、月刊 エルネオス(エルネオス出版)、フジサンケイビジネスアイ(産経新聞社)などに連載コラムなどを持ち、定期執筆している。

 淺野さんは周辺のママさん100人とディスカッションして、どんなお店が求められているか聞き取ることから始めた。

浜見平商店会
 

 当時、淺野さんに意見を聞かれたのをきっかけに、今ではすっかりお店の常連になっている安齋かさねさんは、「建て替えで引っ越しが多いので、不用品を扱うリサイクルショップがいいのではないか」と主張した一人だった。人気のおもちゃなどが〝入荷〟すると、あっという間に売り切れる。

 
ローカルファーストで販売するハンドメイド製品

 文房具店やフリーマーケットが欲しいという意見も多かったが、リサイクルのお店にすることで、結果的にそうした人たちのニーズも取り込む結果になった、と淺野さんはみる。

 

 もう一つの目玉がハンドメイドの商品だ。地域に住む30組ほどの「作家さん」が店内に陳列棚を持ち、手芸品などを直売する。

 「趣味で長年やってきた作品をお店に来たお客さんに買っていってもらえるのは励みになります」と、陶器製の一輪ざしなどを作る祝部(ほうり)美佐子さん。売れ行き具合を見に、しばしばお店にやってくる。

関連記事

新着記事

»もっと見る