ビジネスパーソンのための「無理なく実践!食育講座」

2017年4月5日

»著者プロフィール
著者
閉じる

佐藤達夫 (さとう・たつお)

食生活ジャーナリスト

1947年5月30日、千葉県千葉市生まれ。1971年北海道大学水産学部卒業。1980年から女子栄養大学出版部へ勤務。月刊『栄養と料理』の編集に携わり、1995年より同誌編集長を務める。1999年に独立し、食生活ジャーナリストとして、さまざまなメディアを通じて、あるいは各地の講演で「健康のためにはどのような食生活を送ればいいか」という情報を発信している。日本ペンクラブ会員、女子栄養大学非常勤講師(食文化情報論)、食生活ジャーナリストの会事務局長。主な著書共著書に『食べモノの道理』(じゃこめてい出版)、『栄養と健康のウソホント』(一般社団法人家の光協会)、『これが糖血病だ!』(女子栄養大学出版部)、『安全な食品の選び方・食べ方事典』(成美堂出版)、『野菜の学校』(岩波書店)、『新しい食品表示の見方がよくわかる本』(中経出版)ほか多数。講演活動では、「あなたはなぜやせられないか?」「生活習慣病は自分で治す」など肥満や糖尿病のメカニズムや、「健康長寿のための食事と生活」という食生活と健康にまつわる最新情報を、医師の視線ではなく、一般の人にわかりやすいことばで提供する。あるいは、健康を保つ上で欠かせない技術としての「安全な食品の選び方」や「食品表示の見方」あるいは「健康にいい野菜の栄養情報」を、やさしく解説する。また、長年、女性雑誌を編集してきた立場から、「男性の家事が社会を変える」「中高年からの二人暮らし」などのテーマで、男性の家庭内自立を説く。

前回コラムの「1:回答」と「2:修正」

 1:前回のこのコラムに対して次のようなご質問をいただいた。

 「野菜は、350gを食べるとよいと書いてあったが、それは加熱前の重量なのか、加熱後の重量なのか?」

 結論を先にお伝えすると「加熱前の重量」だ。ただし、350という数値にそれほど大きな意味はない。前々回のコラムで書いたとおり、脂質や糖質やタンパク質や、それに伴うカロリーを過剰摂取している日本人は、健康と長寿のために「野菜を今よりもたくさん食べるような食習慣を心がけるほうがいい。その目安は350gくらいだろう」と提言されているだけである。

 そういう意味では「加熱前であるか・加熱後であるか」にそれほどこだわらなくていい。そもそも加熱後の重量は計測しにくいし、加熱前の重量も「可食部(皮や種など「食べない部分」は除いた)重量」のはずなので、厳密に知ろうとするとたいへんな作業になる。

 学校や病院などの集団給食関係者でもなければ、350gを摂取できたかどうかにこだわるのではなく、野菜(や果物)を毎食たべる、あるいは加熱野菜を食べるように気をつけるなどの食習慣を身につけることが大切だ。

2:専門家(管理栄養士)から次のようなご指摘もいただいた。

 「日本人にはビタミンC不足は心配ないとあったが、働き盛りの成人にはそれは当てはまらないのではないか?」

 たしかにご指摘の通り。このコラムでは「栄養素の細かいことにはできるだけ触れない」ようにしているため、ビタミンCに関しても「平均値」でお伝えした。日本人の成人の平均値では「ビタミンCは不足してない」ことは事実。しかし、ご指摘の通り20歳から49歳では、「摂取量」が「必要量」を少し下回っている。このコラムの読者層(30歳代・40歳代が中心か?)を考えると、不足している人もいるということになる。お詫びして修正する。

 ただし、前回のコラムのメインテーマである「野菜の大きな役割(栄養的役割)は食物繊維の摂取であり、そのためには生野菜よりも加熱野菜のほうが効果的である」という内容には変わりがない。

 このコラムでは今後も読者の皆さんのご質問やご指摘には何らかの形で積極的にお応えしていくつもりだ。小さな質問でも大きな課題でも、編集部まで寄せてほしい。

 

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る