BBC News

2017年4月10日

»著者プロフィール

スウェーデン・ストックホルムの中心部で7日にトラックが通行人をはね4人が死亡した事件で、同国の警察は9日、トラックを運転していたウズベキスタン人の男(39)が難民申請をしていたものの却下されていたと明らかにした。イスラム過激主義の影響を受けていたという。

難民申請は昨年6月に却下されており、当局は男の行方を追っていた。

2人目の容疑者も、正式に逮捕された。警察によると、容疑は「テロ行為による殺人」だという。

しかし、ロイター通信は2人目の容疑者は最初の逮捕者よりも「軽微な犯罪容疑」で逮捕されたと伝えた。

スウェーデン通信(TT)によると、警察は事件後、500人以上から事情聴取を行っている。

9日には、ストックホルム中心で犠牲者の追悼集会「ラブフェスト」が開かれ、人々が事件現場のオーレンス百貨店の建物前に花を手向けた。

AFP通信がストックホルム市幹部の話として伝えたところによると、集会には2万人以上が参加した。

ストックホルム市のカリン・ワンガード市長は追悼集会で、「テロリズムは勝てない。(中略)私たちの町を象徴する優しさと開放性を代わりに思い起こそう」と述べた。

地元メディアは最初に逮捕された容疑者の男の身元を報道しているが、警察からの正式な発表はされていない。

ヨナス・ハイシング警察長官は記者会見で、容疑者の男は2014年に永住権の申請を行ったものの却下され、昨年12月には国外退去に4週間の猶予を与えられていたと明らかにした。男の所在はその後、分からなくなり、警察が行方を追っていたという。

男は過去に、過激派組織のいわゆる「イスラム国」(IS)などへの共感を口にしていたが、警察は男が単に「周辺的な人物」だと判断していた。

警察は、事件で犠牲になった4人の名前を明らかにしていないが、犠牲者に関する一部情報を公開した。

・スウェーデン人2人。1人は11歳の女の子だと報道されている。

・英国人1人。遺族は死亡したのがクリス・ベビングトンさん(41)だと公表した。

・ベルギー人女性1人。ハレ出身の31歳だとみられている。

このほか、15人の負傷者が出た。

犯人は7日午後、ビール会社からハイジャックしたトラックを運転してオーレンス百貨店に突っ込んだ。テロ集団からの犯行声明は出ていない。

スウェーデンは近年、20万人近い難民・移民を受け入れている。人口1人あたりの比率は欧州で最も高い。

しかし、同国が昨年、国境での検問を開始してから、受入数は減少している。

スウェーデンは、自国民がIS戦闘員になった人口1人あたりの比率でも欧州首位になっている。

シリアやイラクで戦闘員になった約300人のうち約140人が帰国しており、当局は社会復帰させる方法を模索している。

(英語記事 Stockholm attack suspect was refused residency

提供元:http://www.bbc.com/japanese/39550711

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る