BBC News

2017年4月14日

»著者プロフィール

米司法省は13日、ミシガン州デトロイトの医師が幼い少女たちに「女性器切除」手術を行っていたとして、医師を逮捕し訴追したと発表した。米国では1996年に違法となった女性器切除の疑いで、医師が立件されるのは初めてという。

司法省によると、ジュマナ・ナガルワラ医師は12年前から6~8歳の少女に、女性器切除の手術を行っていた疑いがかけられている。当局は通報を受けて捜査に着手したという。

有罪となれば、最長で終身刑となる可能性もある。

ナガルワラ医師は13日にデトロイトの連邦地裁に出廷し、勾留が言い渡された。

地元報道によると、逮捕前に任意で事情聴取に応じた医師は、容疑を否認していた。

一方で検察当局は、「最も弱い立場の被害者に対して、恐ろしい残酷行為」を行ったと主張。ダニエル・レミシュ連邦検事は、「女性器切除は、女性や少女に対するとりわけ残酷な暴力のひとつだ。米国では重い連邦法違反に相当する」と述べた。

「この習慣は現代社会においてまったくあってはならないもので、未成年者に対して女性器切除を行う者は連邦法によって取り締まる」と検事は強調した。

米国内で最初に女性器切除が刑事事件となったのは2006年。エチオピア移民が5年前に当時2歳の娘をはさみで傷つけたとして、加重暴行と児童虐待の罪で禁錮10年の実刑判決を受けている。

米当局は2012年には、国内で50万人以上の女性や少女が女性器切除の被害に遭った、もしくはその危険があると報告した。

国連によると、世界全体で約2億人に上る女性や少女が、何らかの形で女性器切除を受けている。その半数はエジプト、エチオピア、インドネシアでのことだという。

(英語記事 FGM: Detroit doctor Jumana Nagarwala faces life in jail

提供元:http://www.bbc.com/japanese/39597732

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る