BBC News

2017年5月2日

»著者プロフィール

米軍は2日、韓国に配備された地上配備型迎撃システム「終末高高度防衛(THAAD)」が使用可能になったと発表した。

米軍の報道官は、THAADシステムが北朝鮮からのミサイルを迎撃し韓国を防衛できると述べたが、軍幹部らは完全運用が可能になるまでには追加設備が到着する必要があり、まだ数カ月かかるとしている。

朝鮮半島では、北朝鮮が核・ミサイル開発を活発化させるなか、米国が原子力空母カール・ビンソンを中心とする打撃群を近くの海域に派遣するなど、地域の緊張が高まっている。

1日には、米空軍の爆撃機が韓国の空軍と合同訓練を行った。米軍は通常の訓練だと説明している。

THAADが先週、慶尚北道・星州のゴルフ場跡地に設置された際には、激しい抗議デモが行われた。

多くの地元の人々は、THAADが攻撃対象になる可能性があり、周辺住民の安全を脅かすと懸念している。

中国は、THAADのレーダー範囲が自国軍の活動を阻害するとして、韓国への配備に反対している。

北朝鮮が国連安全保障理事会の決議を無視する形でミサイル発射実験を繰り返すなか、同国と米国は強い調子の文言を使って双方を批判している。

北朝鮮は最近、2週間のうちに2回ミサイルを発射させたが、失敗したとみられている。同国はさらに、6度目の核実験をいつでも行う準備が整っているとしている。

THAADとは?

  • 発射された短距離および中距離弾道ミサイルを最終段階で撃ち落とす
  • 衝突破壊型の迎撃で、運動エネルギーによって弾頭を破壊する
  • 射程は200キロで、高度は150キロに到達可能
  • 米国は北朝鮮からの攻撃の可能性に備える形で、グアムやハワイに配備している

迎撃のしくみ(順番は上図に対応)

1. 敵がミサイルを発射

2. THAADのレーダーが発射を探知。司令部に情報を伝える

3. THAADの司令部が迎撃を指示

4. 敵ミサイルの飛行ルートに向けて迎撃ミサイルを発射

5. 敵ミサイルの飛行最終段階で破壊

(英語記事 US anti-missile system 'operational' in South Korea

提供元:http://www.bbc.com/japanese/39776236

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る