ビジネスパーソンのための「無理なく実践!食育講座」

2017年5月11日

»著者プロフィール
著者
閉じる

佐藤達夫 (さとう・たつお)

食生活ジャーナリスト

1947年5月30日、千葉県千葉市生まれ。1971年北海道大学水産学部卒業。1980年から女子栄養大学出版部へ勤務。月刊『栄養と料理』の編集に携わり、1995年より同誌編集長を務める。1999年に独立し、食生活ジャーナリストとして、さまざまなメディアを通じて、あるいは各地の講演で「健康のためにはどのような食生活を送ればいいか」という情報を発信している。日本ペンクラブ会員、女子栄養大学非常勤講師(食文化情報論)、食生活ジャーナリストの会事務局長。主な著書共著書に『食べモノの道理』(じゃこめてい出版)、『栄養と健康のウソホント』(一般社団法人家の光協会)、『これが糖血病だ!』(女子栄養大学出版部)、『安全な食品の選び方・食べ方事典』(成美堂出版)、『野菜の学校』(岩波書店)、『新しい食品表示の見方がよくわかる本』(中経出版)ほか多数。講演活動では、「あなたはなぜやせられないか?」「生活習慣病は自分で治す」など肥満や糖尿病のメカニズムや、「健康長寿のための食事と生活」という食生活と健康にまつわる最新情報を、医師の視線ではなく、一般の人にわかりやすいことばで提供する。あるいは、健康を保つ上で欠かせない技術としての「安全な食品の選び方」や「食品表示の見方」あるいは「健康にいい野菜の栄養情報」を、やさしく解説する。また、長年、女性雑誌を編集してきた立場から、「男性の家事が社会を変える」「中高年からの二人暮らし」などのテーマで、男性の家庭内自立を説く。

 先月、「赤ちゃんがハチミツを食べたことによって命を落とした」という痛ましい事故が報じられた。食品の安全性に関して不安をお持ちの人もあるだろうから、今回はこの問題を取り上げる。

衛生環境は改善しているのに不安が大きくなっている

iStock

 私は、今はフリーの立場で仕事をしているが20年ほど前までは、これでも一応ビジネスパーソン(昔はサラリーマンといってた)だった。大学を卒業してから最初の10年間ほどは、毎日「昼食・夕食・深夜食」という3回を食べる規則正しい(?)食生活を送っていた。そのすべてが外食だった。健康のことなどいっさい考えてはいなかった。

 その後、『栄養と料理』編集部に移って改心し(笑)、現在に至っている。当時は、食品の安全性など「どこ吹く風?」という感じだった。しかし、現在のビジネスパーソンはそうではないようだ。若いうちから、健康のことや食の安全性のことなどをけっこう気にしているように見える。

 私が無茶苦茶な食生活を送っていたのは、もう40年ほど前のことになる。食生活に関して、その頃から大きく変わった点が2つ。1つは、食べ物を巡る「衛生環境」がものすごく改善されたこと。40年ほど前は、食の安全レベルは低かった。それに比べると今は、BSEなど「昔はなかった食のリスク」はあるにせよ、全体的にみて、私たちの食べ物の安全性は昔よりもはるかに高い。

 一方で、昔よりも今のほうが、個人の健康状態にとって「食生活が果たす役割」は明らかに大きくなった。その要因としては、日本人の疾病構造が「感染症」から「生活習慣病」に移ったことが考えられる。そのため人々は(若くて健康な人でさえ)普段の生活習慣、とりわけ食習慣に多大の関心を寄せるようになった。

 食を巡る衛生環境が好転しているにもかかわらず、多くの人が「食の安全」に関心を寄せるようになっているのは、皮肉な現象といえるだろう。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る